余ったパーツでもう一台

 私の様に自作パソコンを組んでいると、パーツ単位で入れ替えをしていて、徐々に余ったパーツが増えて行くもの。私も最初の一台を買って、それから2台目を作ったのが約2年半前。それからは増えてなかったのですが、最近パーツを買っているとまたもう一台組める事が分かりました。丁度いいベアボーンがあって、あとCPUさえあればOKという状態。そこで、Pentium3/700Eを買ってきた訳です。

BKi810 んで、今回買ってきたのがBKi810i810Lを使ったベアボーンキットで、LANモデムTV出力52倍速CD-ROMと基本は押さえていて、キーボードマウススピーカーも付いて19800円と格安。あとCPU、メモリ、HDがあればもう一台組めてしまいます。

 人気のあるベアボーンらしく、購入したソフマップでは一押しになっていました。PC Watchでも取り上げられています。ただ、私が購入したものではCPUが完全にFDDの下に入っている(上記で紹介されているものはFDDの後ろ)ので、一部仕様が変更になっているらしいですが。

 問題はFC-PGAなCeleron/533Aが使えるかどうかだったのですが、切り替え用のディップスイッチも付いていますし、BIOSでも認識できていました。

 さて、こいつは何に使うかな?TV-OUTがあるのが面白いけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告