Perfume in SUMMER SONIC 07 OSAKA Dance Stage

(他のサマソニ話は別エントリで)

会場前でPerfumeヲタだらけの行列を作って待っていると、中からエレクトロ・ワールドが聞こえてきて。まさにリハーサル中だな~と思って聞いていると、次に流れてきたのはコンピュータードライビング。確かに盛り上がる曲とはいえ、ついにこのサマソニでmixが打たれてしまうのか…とヲタ自重を願いつつ、次がジェニーはご機嫌ななめ。コール上等か?と盛り上げ重視の定番セットリストとはいえ、ここはかなりアゥエー感漂うサマソニ会場だけに果たしてどうなりますか。

会場は室内(テニスコート場?)なので冷房も効いていて、リストバンド交換から炎天下にいた体には心地良い感じ。とりあえず最前を陣取って開演待ち。30分ほど待ったのですが、後からPerfume待ちで来る人、次のRYUKYUDISKO待ちを早めにしている人と、それなりに集まっていた様子で、PerfumeTシャツにPerfumeタオルと装備して、そしていよいよ開始。

1曲目は「エレクトロ・ワールド(AlbumVersion)」、いつものアルバムバージョンでイントロ中に入場。私は最前で見るのは初めてだったのでバッチリ全身見える事に感動。代官山なんか頭しか見えませんでしたからね~。客席後ろは解りませんが、私のいる最前ではみんなヲイヲイとコールしつつ、前は空いているので彼女たちに向けて振りコピ上等です。

2曲目は「コンピュータドライビング」。イントロから激しく揺れた挙げ句、きっちりmix打ってたヲタ共に感心しつつ、とりあえずPPPHはきちんとしておきました。

そしてMC。相変わらず「こんな所に出ちゃいけないグループ」だの「皆さん次のRYUKYUDISKOさんを見に来てるんでしょ?」だの自虐トーク。

3曲目は先日の名古屋ではやらなかった新曲「ポリリズム」。前回聞いたのと殆ど同じでしたね。もう発売まで丁度一ヶ月ですからこれが最終バージョンかな。「CM見た事ある人!」で殆どみんな挙手していた所を見ると、まぁヲタは当然としてもそれなりにこのCMが浸透しているという事かな。

4曲目に「Twinkle Snow Powdery Snow」。例によって振りコピ上等で、それなりに載ってみました。徐々に後ろのヲタ共が自重したのか大人しくなっていたそうなのですが、さすがに前はそうでもなかったかな。やっぱり、周囲が静かなのに一人ヲイヲイ盛り上がるのはちと恥ずかしいですし。

5曲目は「ジェニーはご機嫌ななめ」。きっちり全てコール入れてみましたが、やっぱりコールが小さくなってるのを感じると自重してしまいますな。でも彼女たちもこちらがバッチリ見えてますから半端は出来ませぬ。

最後にMCで「朝からテクノでがんがんって…皆さん普段は2時とか3時とかに起きるんでしょ?」とか集まってくれたヲタを挑発。相変わらずMCも面白いですな。

最後の6曲目は「チョコレイト・ディスコ」。曲も振りも覚えやすいから一緒に踊ってね~という事で、曲中に「揺れて~」とか叫びつつ、こちらはいつも通りぴょこぴょこしつつ振りコピも。一度かしゆかがこちらを指さしてくれたのに、微妙に合わせられなくて残念。

んで終了。最後に「Tシャツは洗濯するんだよ~」とか叫びつつ退場して終了。後ろをみると結構客が増えていたのには驚かされましたが、それなりに注目度は高かったという事でしょうか。

Perfume(SUMMER SONIC 07)という感じで速報ページも上がっていますが、どうやら反対側のヲタがばっちり晒されていた様子で、会場で見た顔も沢山。カメラマンは二人いましたし、私の方にもカメラ向けてましたから覚悟はしてたんですが載って無くて嬉しいやら悲しいやら。

という訳で勢いで行ってみたのですがいつも通り楽しかったですな。場所とチケット代だけでかなり人数は限られてしまうのですが、それなりに強者も集まってましたし。さすがにこの30分で1万3000円は高すぎですが、他も楽しめば大丈夫だったかと。