ブラウザを変更してみる

 最近、ブラウザを変更したいなぁ~と思ってきました。ブラウザを変更すると言っても、Netscapeに変更する訳じゃなくて、IEのコンポーネントを使ったタブ型ブラウザの事。うちでは1280*1024で使っているので、画面の狭さはあまり気にならないんですが、IEがカパカパ開いて切り替えが鬱陶しい事って多いじゃないですか。それを解消するためにも、最近多数出てきたこれらのブラウザを試してみた訳です。実は、以前外国産で有名なNetCaptorを1時間ほど使ってみたのですが、サクッとexplorerごと落ちたので、あんまり安定性がよろしくないなぁ~とすぐ止めてしまった訳です。

 んで、まず試してみたのがCuam。こちらは人気が高くて、最近のバージョンでは安定しているのですが、お気に入りのフォルダを展開する際、一瞬待たされて開くのがどうも不満で。あと、Dount。こちらはファイルサイズが小さくていいのですが、画面の切り替えが遅いというか、表示を切り替えてまっせ~ってのがハッキリ分かっちゃうんですよね。上記二つは、機能的にはかなり良いんだけど、テンポが悪くなってしまうので今回はパス。

 IEを使っている時は、いつも横にお気に入りのリストを表示させて、それらを切り替えて使っているのですが、タブ型だけでなくツリー型でも制御出来るBugBrowserを見つけたので、今はそちらを今は使っています。こちらも万能では無いのですが、Iriaへのリンク抽出スクリプト機能がいい感じです。完璧~って訳でもないんだけど、特に不満は無いかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告