やっぱりダメかぁ… / 光学5倍ズーム

 今日は朝から何となく、金曜日から待ち続けていた電話を待っていると、ようやく電話が。まさに待っていた人からの電話なのですが、何だか声のトーンが低い様な気が…やっぱり…ダメでした。「ちょっと無理そう」というのが相手先の理由だったらしいですけど、この派遣会社と仕事先で、どうやら求めているスキルが違うような気はしていたんです。説明の内容がかなり違いましたから。まぁ、それでもそこを突破できなかったって事は、やはり私のスキル不足と言うことでしょう。

 面接などは上手く行ったんですけど、仕事先との相談が長引いた時点で、危ないなぁとは思ってたんです。長引いてるって事は、つまり迷っているって事ですから。考え込まれた場合、悲しい事ですが私はプラスに働くような材料を持ち合わせていないんで、勢いで採ってもらう以外なさそう。

 と言う訳で、今日は何となくへこんでました甘く見ていたのもあるんですけど、ねぇ…。また一からやり直しかと思うと、気がめげてきます。どこにも希望がないだけに。今日何となく見ていた、録画していた映画「誘拐」の中で、渡徹也扮する刑事が「犯罪ってのは、どこにも逃げ場が無くなった人間が落ちていく場所だ」ってセリフがありましたけど、そんな気がしてきました。でもまだ、僕には他に落ちていく場所があると信じているので、それを探すことにします。

 盆前から、またソニーが以前のバイオXRの時みたいに、毎日ちょっとずつ情報を公開して、新しいデジカメの宣伝をしていたのですが、今日ようやく全貌が発表されました。CyberShot DSC-F505Kです。以前の反省をふまえたものになってますけど、光学5倍ズームとはまた思い切ったことを。例によってカールツァイスだし、動画も撮れてUSB接続といい所とり。ただその分レンズが大きくなって、L型のごっついサイズ。ホールディングは良さそうだけど、持ち歩くのにはちょっとかさばって不便そう。いっそのこと結合部が回転して、縦に一直線になればよかったのに。

 性能面ではかなりいい線行ってると思うので、後は画質ですね。今まではニコンやオリンパスにちょっと及ばなかったんで、その辺りの改善もなされていれば迷わず買いなんですが。