ひさびさの面接

 今日はいよいよ再起動の日。昨日は色々と今日の準備をする予定だったんですけど、ついつい他のことに逃げてしまい何も準備できていない状態。「明日は休みを取ったことにしよう」と言い訳を考えて、そそくさとTVを見ていました。静かな深夜にTVのドキュメンタリー番組などを見ていると、このまま時の流れのまま流されていきたい誘惑に駆られます。そういえば大学生の時の一人暮らしの時も、こんな事を考えていたような…。そのまま来て、今の自分があるということを考えると、後悔しているとかそういう訳ではないんですが、どこかで変えなければいけないと強迫観念のように思っています。現状に満足できることなんてあり得ないんでしょうけど、それでもいつも変わっていたい、そんな気持ちです。

 で、そんなこんなで結局4時間ばかりしか寝てなかったんですけど、なぜか目覚めスッキリ。昨日あんな言い訳を考えたんですけど思いとどまって、結局急いで用意して定時に出発。背広を着ていたので、同居人に「相手の目を見て話をしなさいよ」とか、訳知り顔でからまれるのを適当にあしらって出発。正直に生きるのが一番だけど、それもつらいのよ(^^;。

 結局地下鉄の中で仮眠を取って、昼飯を適当に済ませて面接へ。やけに小さな事務所でした。で、さっそく面接したのですが、久しぶりだったので受け答えも何だかおどおどする始末。何とか喋ろうと思うんだけど、ちゃんと話せないし、余計な事を口走ってみたり。場慣れとかもあるんでしょうけど、ちゃんと話す内容を考えていかないと駄目ですね。

 それからやのどんの職場を急襲。邪魔したら悪いので、彼の担当フロアには行きませんでした。どのフロアに行っても、何だかいたる所で「いらっしゃいませ!」と挨拶されまくり。個人的はもうちょっとほったらかしにしてもらいたいかな?。デジカメも売ってたんですけど、COOLPIX950が売ってなかったのは残念。そういえば今日はDSC-F55Kの発売日でしたけどチェックしてませんでした。デジタル工房にあったかも。何となく買い物をして帰宅。

 帰ってからは、さっそく残りの書類を作って郵送しなくては。結構大変です。