カーナビと2000年問題

 昨日は夜中に24時間テレビをみたり。さすがに深夜はバラエティ色の強い内容でしたけど、あの黄色いTシャツをみただけでむかつくというか。なんか歌を歌って感動を盛り上げたけど、芝居臭くて見てられません。ダウンタウンにとっては、あの番組のメイン司会をして感動の涙を流したのは、一生の不覚かも。あれだけ芸能人を動員して、出演料がどれだけ払われたかと思うと、番組の存在自体が疑問に思えてきます。

 今日は、朝からゴロゴロして溜まったビデオをみつつ。「独身生活」は最近はドロドロしてたんだけど、いよいよから抜け出してガラッと話が変わりそう。でもまだまだ不安定な感じなので、やはり最後はドロドロした話になるのかも。

 GPSの日付の問題で、今日は午前9時からカーナビが動かなくなると言う日だったんで、やはりトラブルが起きて、問い合わせが多数メーカーに寄せられている模様。でも、この問題って1年以上前から雑誌、新聞、ニュースなどで報道されているわけで、メーカーに持っていったら、無償で修理しますよ~って何度も言ってたんです。それなのに対応せずに、動かないとメーカーに問い合わせするってのはどういう訳だか。不具合が発生してしまうのはメーカーの責任だけど、今の今までほったらかしにしていたのはユーザー側の責任では。

 このあたりに、「どうせ自分には関係ないだろう」という思いこみが見えるような。2000年問題にしても、企業などは今対策に大忙しですけど、結構みんな、「対岸の火事」だと思ってるのかも。悲観的な予測みたいな事はいくら何でも起こらないと思うけど、何があってもおかしくないし。しかも、何かあったときに文句を言う奴に限って、こういう無関心な連中なんだよなぁ…。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告