何故かアメリカ経由

 昨日の夜は久しぶりにWHITE ALBUMをやりました。今回は弥生狙いで行ったのですが、上手に逢えずに何度もやり直し。何とかクリアしましたが、感慨深いシナリオですね。人によって愛し方、愛され方は様々なんだなぁと思ったり。

 その後、インターネットを覗いていたのですが、そこでいよいよPWR128シリーズの最新ドライバがカノープスのホームページで公開されたと言う情報が。早速取りに行ってみましたが、更新が3ヶ月ほど行われていなくて、また30%の速度アップなどの情報も事前に伝わっていて、人気ビデオカードという事もあって日本中から取りに来ていたのでしょう、めちゃくちゃ重くなっていました。こちらを諦めてNIFTYからDLしようかとも思ったのですが、登録はされているものの公開されておらず、こちらは断念。

 どうしても諦めきれなかったので繋ぎっぱなしでやっていましたが、全く送られてきません。どういう風にDLしているのか、MS-DOSのtracertコマンドで経由しているサーバーを調べてみると、カノープスのホームページサーバーは神戸にあるんですよね。こちらは西宮ですから、すぐ隣の市です。

 しかし、実際には西宮→大阪→東京→サンフランシスコ→大阪→神戸と経由していました。隣の市に行くのに、わざわざアメリカ経由で行っているとは。サーバーの場所があまり分かっていないのかも知れないけど、何でこんな効率悪いのかな?。それでも速い時は速いんだから不思議なものです。

 1時間近くかかってようやくDL出来ましたが、さすがに速度は上がっていますね。30%と言うのはさすがに言い過ぎですけど、今までは安定を求めるために遅くなるだけだったので満足。少し発色が変わったのかも知れません。表示位置もすこし左にずれましたし。新たにディスプレイの項目に拡張設定の項目が追加されましたが、設定項目が多すぎて下手にいじると危険そうです。以前からあった表示が化ける異常も無くなりましたし、今回のは満足できそう。

 で、懸案だったULTIM@TE RACE PROの白い線ですけど、こちらは変わりませんでした。fogの効果が綺麗になったのですこし目立たなくなりましたけど、未だにはっきり出ています。どのパーツがが悪いのか分かり難いんですけど、おそらくCPU、つまり性能が悪くて処理が追いついていないんではないかと。やっぱり、今のパーツ構成ではボトルネックはここかも知れません。