精神力が大事です。

昨日はサッカーワールドカップの日本対オーストラリア戦。自宅で録画しつつ観賞…もあまりする事なく時々見てはいたのですが、窓を開けていたら同じく観戦している何処かの住民が「ひやぁ〜!」と奇声を時々発してくれたので、「む…何かあったな」と分かって見てたり。

試合の方はご存じの通り、前半の「それはキーパーファールでしょ」てな先取点は取ったのですが後がなかなか続かず、最後に立て続けに3失点しての敗戦。最後の最後にこのまま勝ち逃げ〜と思っていたら同点にされてしまい、その後はもう駄目駄目でしたね。踏みとどまって同点なら兎も角、逆転されるは追加点取られるわは駄目でしょう。得失点という意味で最後の1点は余計でしたし。

スポーツでは精神力も重要ですが、それをまざまざと見せつけられた今日の敗戦でした。

iRAMの後継機やiPod内蔵可能なPCケースなど

COMPUTEX TAIPEI 2006が開催中なのですが、iRAMの後継モデルの展示が。一時話題になったものの一通り行き渡った後はそれほどでもない印象なのですが、やはりPCI接続よりはこの後続モデル見たく5インチベイに搭載した方がいいでしょう。

この記事では新たにシリアルATA IIに対応したと書かれているのですが、MYCOMジャーナルの記事ではSATA(3Gbps)への対応は見送られたと書かれているので、どちらが正しいのやら。DDR2環境に移行したら、余っているDDRメモリを有効活用する手段として気になっているのですが。

…って、そういえばシリアルATA II=SATA(3Gbps)っていう訳でも無いんですよね。む〜そういう事か。相変わらず分かり難いですな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告