DVD「矢口真里と行く!℃-uteの「ちょっと1曲聴いて下さい!」Vol.2」

これは2枚目。一枚目も購入してはいたのですが、なかなか最後まで見るガッツがなかったのでそのままにしていて。前回のワンダフルハーツで℃-uteにも興味が出てきたので、今回はきちんと見てみました。

内容としては前回と同様、押しかけてお手伝いして色々体験させてもらって、最後に感謝の気持ちを歌で伝える…てな内容。微妙な仕込み加減がまた初々しかったり、それってどうなん?てな部分もあるのですが、それなりに見られる内容ではあったかな。

矢口は狂言回しというか、まぁいじり役。きっとこれからもこういうオールマイティ的使い方をされていくんでしょうな。まぁキャラ的には合ってますが。

まだBerryz工房と違って馴染みが無いし、まだまだこれからかな?的感じもあるのですが、年齢的にもビジュアル的にも成長してますし、℃-uteとして新メンバーも入りましたから、今後が楽しみです。

ところでちと気になったのが「℃-ute」のイントネーション。何というか抑揚無く発音されているので何だか「給湯」てな風に聞こえます。最初の「キュ」にアクセントを置いてないのかな?とも思うのですが、これは関東と関西の発音の違いみたいなものなのでしょうか?。個人的には呼ばれる度に気になったりしてます。