後藤真希コンサートツアー2005秋 〜はたち〜 in 大阪国際会議場

今日は久しぶりのコンサート。大河ドラマの影響かソロコンサートは一年ぶりで、半年前にでた3rdアルバムをようやく披露するという訳です。今日の大阪公演が初日、そして丁度彼女の二十歳の聖誕祭。私は大阪で初日だから楽しみだなぁと思いチケットを取ったのですが、誕生日とは全く知らなくて。知ってたら同行者を募るべきだったかな?

場所は大阪国際会議場。そばのホテルまでの無料送迎バスに便乗して会場まで行くと、丁度昼公演の入場中。それをしばらく見守りつつ状況確認すると、会場前にはよく見るヲタが昨日発売なBerryz工房のDVDを見ていたり、ダフ屋がちらほら。係員とダフ屋が談笑しているのには閉口しましたが、つまり容認されているという事なんでしょう。

私は夜公演だったので、昼公演中にはグッズを購入。ホール前まで行くのですが、ここのホールはビルの5階という高所にあって。んで「ジャンピング禁止」の立て看板があるのですが、気づくと床がぐらぐらと揺れている始末。実際のコンサート中だと自分もこの揺れの原因になっているので分かりませんが、結構きてますね。このビル内では他にもイベントが行われているのですが、全くコンサートの事を知らない人だと地震だと思うでしょう。あまり酷いと使用禁止とかになりそう。

グッズはDVDマガジンと写真とクリアファイルを購入。最近この組み合わせばかりです。二十歳の記念Tシャツとかもあったのですが、個人的にデザインが微妙だったので購入せず。

しばらく時間をつぶした後、早々に入場列に並んでいるとTeam BLUEなる皆さんが青サイリウムを配布中。例によってアンコール時に一斉点灯という事で、私はあらかじめ青を用意していたのですがとりあえず貰ってしまいました。でもこれがのちのち役立つ事に。

会場はそれなりに広いのですが、実際に座席に行ってみると通路そばの良席。今回双眼鏡を忘れたのですが、背後の大型ステージは無しの模様。なので肉眼で凝視。サイリウムの青を使うのはアンコール時だけで、最初はピンクを使用。最初から青だとサプライズになりませんから。

開演は例によって遅れたのですが、その間も延々ごっちんコールが響いていて結構な盛り上がり。俄然気合いが入ってきました。

01.エキゾなDISCO

設置されていたミラーボールが上がっていって登場。最初は「3rdステーション」の1曲目でなんじゃこりゃ?と最初は思ったこの曲。それなりに踊りながらだったから生歌…ではこの曲は難しいかと。

02.Like a Game

こちらはお馴染みの曲。なのでバッチリ。最後にげしげし音量上げて間隔開けて。

MC

はたちになった。

03.シンガポール トランジット

こちらも「3rdステーション」から。きっちり聴かせて。

04.19歳のひとり言

「3rdステーション」の最後の曲。今日から二十歳なんですが。

MC

幸福な事が沢山。メンバー紹介と稲葉を呼び入れて。

05.来来!「幸福」

中華料理が。これは曲を知っていればコールは簡単。途中で一旦止めるのはどうなん?

06.Don’t Stop 恋愛中

これはカン紺藤なのですが、なぜにこれが?。しかもC/W曲だから知らない人も多そう。

MC

子供がヤケドする曲も歌える様になりました。

07.人知れず 胸を奏でる 夜の秋(後半は稲葉ソロ)

あっちゅんもちと濃い感じがするけど歌は上手いですな。

08.ステーション

こちらも「3rdステーション」から。コールは定番通りなのでしょうが、最初という事で殆ど無し。

09.もしも終わりがあるのなら

これは「スッピンと涙。」のC/W曲。これも殆どコール無しで、サイリウムを振るのみ。

10.LOVE BELIEVE IT

これは「(2)ペイント イット ゴールド」から。

11.抱いてよ!PLEASE GO ON

イントロからいつもの調子。ずっと大人しくしていたヲタが飛ぶ飛ぶ。私も同様でした。

MC

稲葉のごっちんの観察日記という事で、何やらキーワードを客から募って。OPDコールってなんやねん。そしてそれをグダグダでPC入力。リアルタイム更新される訳でもないし、PC音痴なあっちゅんにへこへこ入力させる必要はないのでは?まぁそれなりに面白かったけど。

それからデジカメで会場をぱちり。こういう公式サイトとの連携は必要かと。

12.さよなら友達にはなりたくないの

そして再度ごっちん登場。ばっちり歌い上げて。

13.ALL MY LOVE〜22世紀〜

こちらは↑のC/W曲。

14.愛のばかやろう

ソロデビュー曲との紹介が。

15.ポジティブ元気

こちらも「3rdステーション」から。コールが決まれば盛り上がりそうだけど、最初なのでそれなり。

16.原色GAL派手に行くべ!

最初に会場を分けてみんなの声を聴かせた後、盛り上がってきた所で開始。例によって飛ぶ飛ぶ。

MC

次で最後。

17.スッピンと涙

最新シングル。最後に一旦タメを作ると、きっちり物音一つ立たない中、歌い出しの呼吸音もばっちり聞こえて。

-アンコール-

ここで青サイリウム点灯。私はあらかじめ青サイリウムを準備していたので、会場前で貰ったのと併せて二本使おうかなと思っていたら、隣の客が何やら似たような色のサイリウムを点灯→やっぱり色が違う→orzてな状況だったので、一本点灯させて進呈。この場にいて参加出来ないのは悔いが残りますからな。

18.うわさのSEXY GUY

会場全体が青色で盛り上がって。この曲の衣装も青系でしたっけ。

MC

みんなでハッピーバースデーを合唱して誕生日を祝福。

19.スクランブル

最後がこれはいいですな。なので大いに盛り上がって。最後に「最高!」「最高〜!」で締め。

コンサート後は例によって「ごっちん最高!」の繰り返し。ホール内、ロビー、1階まで降りるエスカレーター、ビル前の吹き抜け、至る所で自然発生しておりました。後半はその場のノリで暴走気味でしたが。

聖誕祭は6月のあややもそうでしたが、いつもと違う雰囲気になりますから非常に一体感が出て楽しいですな。ステージにケーキとかが出ればなお良しだったのですが。サイリウムも恒例とはいえきっちりそろいましたし、有志の皆さんはお疲れ様でした。

そして、セットリストの方ですが、今回は「3rdステーション」からの選曲が中心という事もあって、中盤がそれなりに大人しい感じ。最近のシングルもそうですし、まぁ最初という事もありますから、これは客側の経験値が増えると変わってくるかな。

という感じで1年ぶりのソロコンサート、堪能させていただきました。