Berryz工房コンサートツアー2005秋 〜スイッチ ON!〜 in 大阪厚生年金会館

今回のツアーは初日の発表にて舞波の卒業コンサートツアーになったのですが、恒例のサイリウム企画は青。今日がどうなるのかは分かりませんが、準備だけはしておく必要があるかなと思い、あらかじめ場所を調べておいたダイソーへ。いつも調達している所とは違う場所だったのですが、きちんと青もあったので沢山購入しておきました。

それから腹ごしらえをしたあと、かなり時間が早かったのですが現場を見に行くことに。するとまだ昼過ぎだってのに、公園には行列が出来ていました。おそらくグッズ購入の列かと思われますが、雨が降る中ここまで頑張るのは必死ですな。私もいろいろグッズは購入予定なのですが、行列に並んで買うほどでも無いかなと思い、いったん退いて。

それから再度会場に行くと、すでにグッズの販売が開始されていて。雨が降っていたので普段より若干早かった様子ですが、私もとりあえず並んで。結構時間がかかったのですが、とりあえず目的のものはきちんと購入できました。限定モノはやっぱり売り切れてましたが、あまり頑張る気にもならなくて。Tシャツも微妙でしたし。

会場前で踊っている輩や、東京の卒業公演に参加する人にサイリウム企画のチラシを配っている光景を眺めつつ、雨は降ってないけど曇り空で暗くなるのが早い会場前の公園で同行者を待ち。んで仕事上がりの彼と合流して、入り口にいつも見かけるダフ屋が陣取っているのに全く注意しない係員を眺めつつ会場へ。

ステージは左右から二階に上がる事が出来て、中央に大型スクリーンがあるいつものパターン。中央部分に出入り口がありました。セットリストは敢えてノーチェックにして。

座席の場所的には悪くなかったのですが、少し端の方。でも左側が空席になっていたので、狭いながらでも動く場所はあって。例によって開演が遅れて、いつもより多い舞波コールを聴きながら待って、そして開始。

最初の紹介VTRは、何やら♪べりべりべり〜ずこうぼう〜、てなBerryz工房のテーマ?らしき曲に合わせてそれぞれメンバー紹介。メロン記念日のテーマを思い出しました。2ndアルバムの1曲目に入ってきそう。

01.なんちゅう恋をやってるぅ YOU KNOW?

最初は最新シングルかなと思いきや、これで会場を暖めて。衣装はオリジナルで良い感じ。相変わらずヲタは振りコピが多かったり。

02.21時までのシンデレラ

そしてここで最新シングル。例によってティアラを形作ってみたり。このぐらいならポイントで合わせられるのですが。

〔メンバーの挨拶&お隣紹介&石村舞波卒業発表〕

それぞれが次のメンバーを紹介するという流れで全員を紹介。んで最後にキャプテンからお知らせがあって舞波がコメント…ってここまで全く台本通りなのはどういう訳?。ヲタが「え〜」って言うまで舞波も待ってるし。個人的には「卒業します」じゃなく「卒業する事になりました」という点に違和感が。

03.ハピネス 〜幸福歓迎!〜

「まあさにであえた〜」って前から言ってましたっけ。

04.恋はひっぱりだこ

サイリウム持ってるときに手拍子は大変。

05.ファイティングポーズはダテじゃない!

ここは飛んで。Zeppと違ってきちんとスペース空いてますし。

06.徳さん雅の愛のポエム「恋をしちゃいました!」

徳さんの声はよく響きます。読むだけじゃなくてアレンジされていて、振りも非常に弾けていてよかったです。でもタンポポだったので、またここからカバー曲かなと危惧したり。

07.かっちょええ!(清水・石村・須藤)

これはめちゃ意外。3人でくるくる舞い踊っている様は強烈でしたが、単純な曲である分会場も盛り上がってました。シングルのB面って事で知らない人もいそうですが。

08.TODAY IS MY BIRTHDAY(夏焼・菅谷)

これは二人で。交互に歌っているので交互にコール。

09.小遣いUP大作戦(嗣永・徳永・熊井)

猫っぽい振りを延々。なので会場全体もそんな感じで。

10.パッション E-CHA E-CHA

そういえばこれもシングルのB面。でも前回もやってましたな。

〔蝉(PV)〕

写真集に収録されていた浴衣姿を挟みつつVTRにて休憩時間。

11.ピリリと行こう!

いつものピリリ。

12.夢でドゥーアップ

こちらもシングルのB面。生歌かは分かりませんが、それなりに難しい曲かと。

13.安心感

それなりに落ち着いて。

14.あなたなしでは生きてゆけない

これがデビュー曲なんですが、やはり他とは路線が違う感じ。

15.恋の呪縛

何やら休憩タイムを挟んだ後、おのおの歌詞を言って次はそうか…という感じで。げしげし盛り上がるのですが、間奏で「ロマンス」とか聞こえるのは微妙。

16.スッペシャル ジェネレ〜ション

また凶悪な繋ぎで。最初と最後が全てかも。

17.友情 純情 oh 青春

「楽しんでますか〜」と盛り上げつつラストの曲。これも結構忙しい曲だったり。

〔アンコール〕

当然の様に舞波コール。とりあえずアンコール開けサイリウムは青だよなぁという事で準備してみたのですが、実際にはそれほどそろわなかったので中途半端。まぁ本番は10/2という事ですな。

〔最後の挨拶〕

それぞれが挨拶しつつ、舞波が最後。でも例によって台本通りの模様。

18.BERRY FIELDS

これも意外な選曲。でも曲名のごとく単独コンサート向けだよなぁとは思っていたので、聴けてよかったです。

19.Bye Bye またね

そして最後はやはりこの曲。退場は今まで通りで、最後に舞波が残ってお辞儀…とかも無くそそくさと。単純な事だけどやるとやらないとでは大違いなのに、勿体ない。

てな感じで終了。単独コンサートツアーは2回目なのですが、前回は物議を醸し出したカバー曲を排除して全て自分たちの曲、全てハンドマイク使用、Zeppと違って座席ありなので見る側にも余裕が出来たりと、前回の不満点はほぼ解消されてました。

特に、他のハロプロ系でもカラオケコンサートと揶揄される事の多いカバー曲が無くなったのは大きいです。ほぼ持ち歌を全て歌った形で、カバー曲も意外性があって悪くないとは思うのですが。

あと、今日は1回公演だったので体力的に余裕があったのか、誰も途中で抜ける事もなく全員そろってたのはよかったです。抜けられるとやっぱり興ざめしちゃいますからね。

そして、舞波を見られるのは今回が最後だったのでそれなりに注目していましたし、背面のスクリーンに映される回数も多かったですが、まぁ良くも悪くも舞波だなぁという感じで普段通りでしたな。

まぁ東京での卒業公演はどうなりますか。セットリストはほぼ満点ですから、卒業セレモニーらしきものがどうなるかに期待。