DVD「万才!フットサル」

ガッタスというのも出来た当初は「何故にフットサル?」と思いましたし、去年夏のハロプロコンで応援歌を歌わされた時はきちんと休憩タイムにさせてもらったのですが、今ではハロプロの中でも重要なものになったというか、相手があって予定調和でないスポーツであるという点で非常に気になる存在。

ですが、活動はほぼ東京に限られていて、TV放送等も東京ローカルとCSという感じで露出は少ないのが現状。『Sals』等も発行されていますが、きちんと動く姿がみたいんだよ〜という事で期待していたこのDVD。

という訳で鑑賞したのですが、まぁこれが真っ当なドキュメント映像。最初の頃から5月の第2回736カップまでを、キャプテンである吉澤の視点も交えつつ綴っていて、試合もそれとなく収録されているのですが、ちゃんと入っているのはPK戦にもつれ込んだ第2回736カップの決勝戦のみ。どちらかといえばそこまでの過程が収録されているという感じ。

特に、ハンドカメラで延々練習が終わった後の吉澤にインタビューしている所なんかはまんま深夜のドキュメンタリー番組。こういう風にフットサルへの想いを語らすという事にこのDVDの意味があったのかな。

また、本業である芸能界の仕事との両立に苦労して辞めていったメンバーも多いのですが、そういうのも淡々とコメントされていて、やはり大変だろうなぁという事を改めて実感。

収録時間は約2時間とそれなりに長いのですが、語る内容も多かったのかメンバー紹介やらは全くなし。正直いって、『Sals』をVol.1〜3まできちんと読んでいる人向けのDVDとなってます。まぁ想定される購入者を考えると、それで正解なのですが。

一応「Gatas Brilhantes H.P. OFFICIAL DVD Vol.1」となっているので、続編が出る事を期待。