どこから取り込んできたのやら

 最近ようやく正直になった私は、例によってベスト!モーニング娘。1をさくっと購入。早速NW-MS9に入れて聴き歩こうとOpenMG Jukeboxを起動してCDから録音しようとしたところ、まず最初にCDDBの検索でしばし待たされた後、ローマ字で曲名が。発売前日なのにもうあるんだ~(実は昨日の話です(^^;)と思いつつ、いつもならば全角文字で入るので逐一変換しているのに、今回は何故か半角文字

ジャケット画像が自動的に設定? その時点でいつもと違ったのですが、ふと上の方を見ると、いつの間にかジャケット画像が設定されている事に気づきました。これはCDDBで検索したとしても、曲名以外に取り込める事はないはずなのに、なぜだかとっても不思議。どのファイルを使っているのか調べてみると、取り込んだ曲データと同じディレクトリにjacket01.jpgという640*480なJPEGファイルがあって、それが指定されています。

 このCDはCD Extra仕様なので、PCにセットするとブラウザが開きます。内容は単に公式ホームページへのリンクが「Click here!」と表示されるしょぼさなのですが、CDPLUSPICTURESというフォルダがありました。

 早速、その名の通り画像があるのかなとPICTURESフォルダを見ると、JACKET01.00Jという名のファイルを発見。ジャケット画像として設定されているjacket01.jpgと全く同じサイズですし、ヘッダを見るとJFIF…な文字が。試しに拡張子を.jpegに変えてみたところ、やはり同じ画像が表示されました…なるほど、このファイルがコピーされてたんですね。ちなみに後の3つのファイルは拡張子を.mpegに変えると表示されます。同じくジャケット画像です。

 あと、どこかに曲名が入っていないかと探すと、こちらはCDPLUSフォルダにあるSUB_INFO.JAでした。jaってなってるんだから日本語で入れておいて欲しかったですね。規格上無理なのかも知れませんが。


 こういうのって規格であるのかな~と思い検索して見つかったCD Extra解析情報によると、やっぱり決まってたんですね。規格にそっていれば、これらは自動的に取り込まれるようになっていると。うちにあった他のCD ExtraなCDでも同様でした。