MicroATXはちょっと…

 今日はようやく給料が出たので、前から思っていたマザーボードの買い換えをしに日本橋へ。先日買った Celeron/533Aは、今のマザーボードだとBIOS電圧も対応しておらず、何とか動かしている状態なので。

 どうせなら先日発表されたi815Eを搭載したものにしたいと日本橋中を探し回ったところ、AsusのCUSL2-Mを至る所で発見。確かに815Eなんだけど、MicroATXのマザーボードなんですよね。PCI*3LANがオンボードで追加されてました。今うちで使っているPCIバスは5つ、そのうちLANはオンボードのを使って、とUltra66は815EならATA/66どころかATA/100にも対応しているから、必要なのは3つ…あ、大丈夫じゃん、とも思ったのですが、もともとの大きさが小さいんで、部品配置等がごちゃごちゃしていて分かりにくいなぁと思ったりして、結局パス

 まぁ出たばかりの新製品だし、値段が高めというのもあったのですが。 ATX版のCUSL2ならよかったんですけど、こちらはどこにもなくて。あと、815のものも数点あったのですが、これらの利点はATA/66に対応しているだけなのでパス。もう少し待つことにして、今日もTWOTOPでCD-Rのメディアなどを購入して帰宅。

 今度は7/6に日本橋に行くつもりなので、その頃には発売されているかな…と期待しているのですが、はたして。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告