他人に厳しく、自分に…?

 今日で日勤は一段落私が教えてた人は、新人はどんな事を教えてもらったか逐一報告書を書いて、教育状況を知らせなくてはいけないので、それを書いている様子。私も最初の頃はずっと書いてました。最初はいいんですけど、段々ネタに困ってくるんですよね。んで、質問の項目には私が返事を書いてみたり。結構大変かも(^^;。

 んで、これ以外にも自分の会社への報告書(別会社からの派遣社員なので)を書いていたので、一瞬覗いたら気になる単語が。んで、ちょっと見せてもらうと「仕事中に、気になったこと」の欄に「仕事中の私語が酷い」ってコメントが。私はその酷いって単語に驚いたんですが、詳しく聞いてみると、とある人が、他の人が作業をしている後ろで、全く関係ない話を延々としていたので、それはまずいんじゃないかと、つまり、仕事中はきちんと仕事をして、その辺の切り替えをきちんとすべきじゃないかと、そういう事の様です。

 まぁ、思い返せば私もその現場にいたんですけど、特に何とも思わなかったんです。確かに全く関係ない話でしたけど、そこで話をせずにその作業を見守るとか、作業を手伝うという選択肢もあるのですが、作業の状態が分からない人間が手伝っても、そこで状況を説明して、それから手伝ってもらうという手順を踏むよりは、その人が一人でやる方が早いって事あるじゃないですか。その時はちょっとトラブってて、どうしよう~と分からず調べていた段階なので、手伝える事って殆ど無かったんです。私もそれは任せておいて、他の作業をしていましたから。

 だから、まぁ間違ってる事は言ってないんだけど、どうも厳しすぎるような気がして。私としては私語が多くても、きちんとやる事をやっていれば問題はないと思うし。3日間教えてきて思うんだけど、この彼は結構真面目なんですよね。だから、そういう事も気になるのかな…と。

 よく、「他人に優しく、自分に厳しく」って言いますよね。この事って結構大事だと思うんです。他人に厳しい人って、どうしても自分に優しくなってるだろうし。こんな事を書くと、「俺は、自分にも厳しいぞ」って反論が来そうですけど、その厳しさってのは、やっぱり他人>自分になってしまうはず。間違いを見逃せとはいいませんけど、その辺りの見極め対応も優しくいきたいものです。

 ちなみに私は「他人に優しく、自分には”もっと”優しく」だったりします。駄目じゃん(^^;

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告