大きな買い物は慎重に

 さて、今日から仕事を探さなくてはまずいのですが、今日は結局植村パソコンを買い換えるのにつき合うことに。朝早くから行って、PSで遊んだりしていました。

 植村の部屋にはいるのは久しぶりだったのですが、例によって物が多い。で、こたつを置いているから回りには物が散乱。いい部屋だなぁ。こういうののほうが返って落ち着きます(^^;。

 日本橋には彼が運転するに乗っていったのですが、その中でかけていたのがゲームミュージック。やけに横山智佐が多くて、しかも「もうこの曲覚えちゃったよ~」とか言われて口ずさまれた日にはもう…(^^;。もう、すっかりこの辺の曲には耐性が無くなってしまったようです。


 で、日本橋に行くとDDR・2ndもありましたし、Bust A Moveもありました。元のPS版も結構好きでやり込んだんですけど、結構変わっているので、最初の曲で死んでしまいました。

 ステップももちろん難しくなっているのですが、が足下のペダルになっているんです。それで、ちょっとでも下が入ったらすぐ混乱してしまい、すぐにゲームオーバー。慣れればいいところまで行くと思うんですけど…。

 で、早速植村の新マシンを捜索。限られた予算の中でいかに性能のいいのにしようかと思っていたのですが、さすがにちょっと自作パソコンショップブランドのマシンには抵抗があるらしいので止めて、中古型落ち品を狙うことに。現在使っているモニタを流用できればそれに越したことはないのですが、最近はオールインワンモデルが主流で、なかなかディスプレイ別のモデルがありません。

 で、色々さがしていると、現行モデルの一番安い奴、たとえばNECのVALUESTAR NX Rだとディスプレイが付いていないし、値段的に結構安いんですよね。ただ、個人的に不安だったのは、ビデオがチップセット内蔵のやつ、つまりSiS530だったんですよね。VRAMとしてメインメモリも使うし、あまりいい印象が持てませんでした。NEC以外でもコンパックIBMでも同じ様な製品が一番下のラインで出ていて、やっぱり考えることは同じなのかなと思ったり。

 で、ちょっと歩き回ったのですが植村はもうさっそくお疲れ。「もうこれでええやん~(^^;」とか言う感じになってきたのですが、大きな買い物なのにそんなんでいいのか、とか思ってしまって。インターネットが出来ればいいっていっても、やっぱりそれなりの性能はいるし。PCの中身とか、その辺に関してはあまり知らないようなので、説明のしようもなかったりして。

 んで、何気なく回ったところにディスプレイでおなじみの飯山電気のPCがあったので、「これでもいいけど?。」と進めてみたら、上記の奴に比べて2万円ほど安かったのだからかは分からないですけど、「じゃあ、これにしよう」…おひ、即決するなぁ。しかも、これはショップブランドと変わらんぞ(^^;…と心の中でツッコミを入れつつ、添付ソフトがOS以外入っていないと説明しても、別に使わないからいいらしく、結局このM333HDを買うことに。あと内蔵モデムVGA切換機キーボードカバーを買ってさっさと帰宅。

 早速開けてセットアップ。マイクロタワー型なので結構小さいのですが、ケースの中はすかすか。マザーボードはASUSのP2L-VMでした。AGPが占有されているので交換できないのと、チップセットが440LXでなのでオーバークロックにはむかないんですけど、まぁ大丈夫かな。ビデオチップももそこそこいいですし。DVD-ROMはどんなものか分からないですけど、ちゃんとデモではぐりぐり動いてましたから大丈夫でしょう。

 それからプロバイダの設定と、インターネットへの接続、メールの送受信を出来るようにしてとりあえず終了。特に問題も起こりませんでした。

 さて、あとは自力で頑張ってもらおうかな。わしゃ疲れたよ…(^^;。