何となく大改造

 今日は休みだったので、朝はマザーボードを交換していました。MS-5169からAX59Proへ。Aladdin5からMVP3に交換です。

 組立はいつも通りに無事終わって、CPUクーラーも風神に交換しました。ついでだったので、いきなり100*2.5なんかで起動してみたのですが、やっぱりWin95の起動中にフリーズ。とりあえず元通り66*3.5に戻しておきました。マザーボードを変えたときには色々とトラブるんですけど、今回はPWR128P/4VCで異常が。とりあえず最初のドライバは入れることが出来るのですが、最新ドライバをインストールするときちんと動きません。SAFEモードでWin95が起動してしまうのです。とりあえず元に戻しましたが、大丈夫かな?。

 組立も一段落。どうしようか迷いましたが、結局日本橋へ。だんだん安くなってきているK6-300を横目で見ながら、Voodoo2のボードを見に行きました。もし買うとすればもちろん12MB版なのですが、12MB版は今のところCreativeのしか出ていません。Monster3D2の12MB版は、バルク品なら売っているのですが、まだ正式に国内販売されていないためにご祝儀価格。ちょっと買えません。で、買うならCreativeのしかないので、店頭在庫があるのを確認してから、買い物の前に日本橋を散策。

 すると、ソフトアイランドで面白いPCIサウンドカードを見つけました。A-TRENDから出ているATC-6699と言うやつです。サウンドチップはヤマハのYMF724。これはもちろんSB互換で、MIDIはヤマハだけにXG音源。しかし、このチップはハードだけで64音同時発音が可能になっているのも特徴ですね。ハード32+ソフト32で64音と言っているのが多いですけど、これはそんなことは無いようです。

 で、あとデジタル出力がついていて、これで7000円。デジタル出力がついていると言うだけで売れているサウンドカードもありますけど、これはそれ以外の性能もいいですから、とてもお買い得。ついつい買ってしまいました(^^;。

 後は、T-ZONECreativeのVoodoo2・12MB版を買って、さっさと帰りました。早速サウンドカードから取り付けてみましたが、さすがにMIDIはいい音が鳴りますね。XGなのでGSのデータはいくらTMIDIで調節しているとはいえ変になったりしますけど、やっぱり凄いです。AudioPCIもそこそこの音が出ましたけど、やっぱり音の厚みが違いますね。Voodoo2はDirect3Dはすこし遅いものの、画面の表現力はさすが。

 衝動買いとは言え、いい買い物だったかな?。