オーバークロック

 今日も仕事は暇。帰りにソニー自叙伝の愛蔵版を買ってきました。その名の通りソニーの歴史について書いてある本なのですが、愛蔵版だとCD-ROMがついてきます。懐かしのTVCMも入っていたりします。でも、ビジネス書なのであまり面白くなかったり(^^;。

 で、さっそくMS-5169でオーバークロックを試してみました。電圧を0.1V刻みで変更できるのですが、2.9Vだと233MHzまでなのですが、3.2Vにすると250MHzまでいけました。これはマザーボードを変えても変わらないので、これがこのCPUの動作限界みたいです。4倍設定もないですし。

 問題のベースクロック100MHzですが、100*2.5できちんと動作しました。2次キャッシュも別に異常ないですし、SDRAMも(おそらく)最速設定できちんとついてきています。ただ、ウエイトが入っているという話なんで、そのあたりが問題ですけど。PCIISAは非同期で動いているので、速くはならないですけど一応、安定動作してくれます。思ったより速くなってないですけど、これ以上はCPUを載せ変えるぐらいしか手段がないので、現時点ではここまでかな。

 また、ベンチマークの結果をまとめてパソコンのお部屋にでも書きたいと思います。