京都ジョイポリス

今日も朝勤。少々疲れました。

明日は休みだったので、仕事が終わってから会社の人と3人で遊びに行くことにしました。目指すは最近出来た京都ジョイポリスです。車で2時間ほど、京都ってそんなに遠くないですね(^^;。

建物の1フロアを使っているだけでそんなに広くなく、入場料を取られる訳でもなくてちょっと拍子抜け。早速アトラクション券を買って、遊びました。

最初に行ったのがアクアリーナ。水族館をCGで再現していて、画面をつついたら襲いかかってきたり、餌をあげられたりします。インタラクティブ性が売りなんですけど、そんなに大層なものでもないですね。凄いことは確かなんですけど、いまいちピンとこないというか(^^;。

次がマーダーロッジバイノーラル録音(人間の頭状のマイクで録音した3Dサウンド)を使ったホラーハウスで、以前遊んだのは音だけだったのですが、これはが吹いてきたり突然椅子が動いたりしたので結構びびりました。ここで入場の時に、一緒に行った人が「心臓の悪い方はおられませんね?」と女性店員に聞かれたとき「僕、心臓弱いんです。一緒に来てくれませんか(^^;」といいながら手を握ろうとしたのにはまいりましたが。こんな所で店員をナンパするなっちゅうの(^^;。

次はパワースレッドボブスレーのゲームで、操作は左右のレバーだけというレースゲームです。曲がるときにはレバーを交互に操作するのですがそれだと曲がりすぎて逆送してしまいます。前の車を抜くときも曲がりすぎますし、スピード感があるもののイライラするゲームでした。おかげで最下位でしたし(^^;。

次がバイクアスロン自転車のレースで、でこぼこのコースを突っ走ります。もちろん漕げば漕ぐほど早く走れるのですが、コースに合わせてシートがピョンピョン跳ねるので、しっかりレバーを握っていないと振り落とされそうになるんです。もちろんその間も漕ぎ続けているわけで、もうフラフラです。おかげで終わった後一目散にジュースの自動販売機に駆け込むことに。足はカクカクするし、むちゃくちゃしんどいですね。でも、これは面白いですよ。この京都ジョイポリスの中では一番かも。

次はミステリーウォーク。場内に点在しているトーキングヘッドに聞き込みをして推理していくミステリーアトラクションです。トーキングヘッドへの質問は音声認識を使っていて、キーワードをマイクに向かって話すことで行うのですが、まだ認識が甘くて全然聞き取ってくれなかったりするのが残念。聞き込みもヒントの通り行けばいいし、全部で3話構成なのですが、キーワードによってはいきなり関係ない次の話のことを喋るので逆に混乱してしまったり。みんなでワイワイするのには楽しいかも知れません。

最後にロストセメタリー。2人乗りのライドに乗って体験するジェットコースターです。結構行列が出来ていたので面白いのかと思っていたのですが、これが拍子抜け。目の前にジェットコースターのCG映像が表示されているのですが、スクリーンが小さいので迫力もありません。話も面白くないですし、これはちょっとダメですね。これは止めた方がいいと思います。

最後にセガ・ツーリングカー・チャンピオンシップ・スペシャル。実際の車に乗って行うレースゲームです。通常版はやったことがあったのでそこそこ楽しめたのですが、イヤというほど揺れてくれますね。でもコクピット周りが通常版と同じなのは残念。もうちょっとリアルなのかと思ったのですが。

とまあこんな感じだったのですが、ジョイポリスっていうほどのものでもありませんね。こじんまりしてますし。それなりには楽しめますけど。