95版同級生2

中勤も終わって、明日は夜連。と言うわけで夜はパソコンをいじる事に。

早速、昨日買ってきた95版同級生2を始めました。今回のはCD-ROM2枚組で、HDが最低でも110MBいるらしく、標準だと250MB、すべてHDDに入れると890MBにもなります。何故こんなに必要なのかというと、それはメインキャラ全員が喋るからです。それも全てのメッセージで。

もちろん自分の名前は呼んでくれませんし、主人公は喋りません。それでもそのテキスト量は膨大なもので、本編だけでも740MB(女の子560MB、男&サブキャラ190MB)もの音声データが入っています。もちろんCD-ROM1枚には入りきらず、男&サブキャラの声はHDに入れておかないと出ないようになっています。女の子の声はCD-ROMから読みますから出ますけど。

もちろんCGも640*400*256色になっていて、まずまず綺麗です。アニメーション口パクもなしで、256色になった事以外は殆ど変更点はありません。しかし、喋ると言うだけでもう脳天直撃、9800円の価値はあるでしょうね。卒業生も入っていますし。でも、CD-ROMから毎回読ませていると一瞬待たされますし、ドライブの熱望走なども考えられるので結局全てHDにインストールすることに。でも今使っているHDDの空きはどう頑張っても700MB、少し足りません。そこで、98に繋がっていて今は殆ど使っていない1GBのHD、これをフォーマットして使うことにしました。中には98版の下級生が入っているのですが、多分もうしないでしょうし。それに、いずれは繋ぐつもりでいたのでいい機会です。

さっそくHDをフォーマットしてFDISKで領域確保。SCSI2の外付けドライブなのですが、HDBENCHによると今メインで使っているEIDEのHDよりは遅いようです。バスの転送速度(SCSI2は10MB、EIDEは16.4MB)もあるんでしょうけど。そうして早速インストール。1GBのHDが殆ど一杯になりましたが、これで何とか快適にプレイできます。

上でも書きましたが、最近は暑いのでパソコンの熱関係には特に気を付けています。HDから異音がしたり、CRTから変な臭いがしたり、CD-ROMドライブが熱暴走したりと結構やばい状態です。これも部屋にエアコンがないせいなのですが、後少しで涼しくなるのでそれまで頑張ってくれることを祈るのみです(^^;。