F1イギリスGP

今日から中勤。で朝の5時頃までビールを飲みながら虹色の青春をやっていたので眠たいです。そろそろミニゲームのフリーキックが難しくなってきたので練習しています。ある程度までクリアできたらいいんでしょうけど、それがどこまでか分かりませんし。

で、仕事をさくっと済ませて夜はF1イギリスGPフレンツェンがストールさせて最後尾スタートになったあたりから怪しいとは思ってたんですが、右京がスタート直後にスピン(トラブルかも)というださいレースをしたあたりからだんだん見る気なくなってきて、亜久里の意味不明の解説も耳についてきて、途中で見るのを止めようかと思ったらシューマッハ兄がリタイア。

この辺りからだんだん面白くなってきて、ハッキネン初優勝とかウィリアムズはピット下手だとかピット作戦のとかで結構面白いレースに。中野もポイントゲットの期待がかかったんですけど、ラスト1周で実況陣が「いやぁ、これで中野もF1レーサーの仲間入りですね」とかほざいているとエンジンブローでリタイア。まったくこいつらは…でもヒルが今期初ポイントだったので良しとしましょう。たかが6位のマシンにあんな大声援がくるとは。やっぱりF1はナショナリズムが強いんでしょうね。