℃-ute/Cutie Circuit2006 ミニライブ&握手会 in 須磨パティオ

今日は須磨での平日なCutie Circuit。例によってCD販売30分前に到着すると行列がそれなりに。私は初めて訪れる場所なのですが、それなりにステージがあって周りを店舗ビルが取り囲むという千里セルシーと似た感じ。こちらの方がちと規模的には小さいでしょうか?

早めに始まった販売の列を進んでCDと整理券をまず一枚…む、1500枚配布なのに整理券番号2桁が来てしまいました。ループする気はそれほどなかったのでこれで一旦待機。

それから集合時間に再度集まって、ステージ前にあるベンチに。座って前列で見れるのは良いのですが、今日は快晴で温度はげしげし上がって。「水分補給をきちんとして健康管理してね〜」とアナウンスされつつ、1時間ばかり炎天下の中を待機。まぁ後列で立ち見でぎゅうぎゅう詰めになっているよりは快適だったかも?

今日は前回と同様「ハロプロやねん!」の公開録音も兼ねているのと、ハロプロ関西のレッスン生が初披露という事で、まずはそちらから開始。

ハロプロ関西な5人が登場した後、最初に「気がつけばあなた」を全員で…と思いきや、一人だけかなり小さな子がいたのですが、その子だけはステージ端に待機。そして4人が一曲歌った後で自己紹介。娘のラッキー7オーディション落選な須磨愛は見て思い出したのですが、あべあさみって子がいたので同姓同名とはいえどよめきが。初期の小川みたいな感じでした。最後にその小さな子が「ハロプロエッグのまえだいろりです」という事で、彼女だけはハロプロ関西ではなくハロプロエッグという肩書き。

その後、「めっちゃホリデー→ラブマシーン」というメドレーだったのですが、まえだいろりだけは再度ステージ端に待機。一部のヲタからは「え〜」という声も。他の四人が配置について…という時に何やら屈伸運動を始める彼女。

そして、めっちゃホリデーが始まって4人が歌い踊り始めると、何と彼女は一緒にその場で振りを始めるではありませんか。小さな身体で頑張っている可愛らしい姿に、℃-uteヲタですから○リ属性の強い皆さんの視線は必然的にそちらへ。そしてコールは歌っていない「いろり〜」になるという不思議な状況に。次のラブマシーンでは合流して5人でやったのですが、その時もつい彼女を目で追っていたりと、この場の注目を集めていた感じ。

最後に感想を言って終了だったのですが、℃-uteが出ている間は隣のテント内で観賞。テント前に居たヲタがさっそくがっついていました。

とまぁこれは前座。客いじりの上手いディレクターが前説した後で℃-uteが登場して公開録音開始。今回はいつものイントロコールは無しで、いきなり「大きな愛でもてなして」で。衣装はいつもの「まっさらブルージーンズ」なステージ衣装で、有原栞菜は予告通り欠席。つまり加入前の℃-ute7人でのステージでした。

番組内容は投球スピード→早口言葉→都道府県といえば?→学校に持って行く物と言えば?てな感じでまぁ普段通り。「誰の事について喋っているでしょう?」的コーナーが今回は無かったかな?まぁ全体的に長引いていたのでカットされたのかも知れませんが。最後にわっきゃない(Z)を歌って終了。これは以前から歌っている曲でしたのでリリース的には最新ですがコールも慣れたもの。

最後に握手。今回も特別コメントがなかったので「ありがとうございました」的コメントに終始。周りがうるさかったのもあるけどこちらの声も小さかったので、後でもう少し張り切るべきだったかとちと後悔。やはり一瞬な握手会は難しいです。

…てな感じで、暑かったのだけが大変でしたが、後は満足できる内容。平日だったので客がやっぱり少なかったのと、CDの複数買いによる整理券大量取得の黙認と、それに伴う握手ループが日常化し始めたので、それが今後の問題かな。

CDは沢山買って欲しいんだろうけど、同じヲタ集団がぐるぐる握手ループしている絵面ってのは宜しくないし、CDを沢山買って貰うという短期目的ではなく、CDを沢山の人に買って貰うという長期目的を考えるべきかと。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告