モーニング娘。コンサートツアー2005 秋 バリバリ教室〜小春ちゃんいらっしゃい!〜 in 大阪フェスティバルホール

今日は久住加入後初めての娘。コンサート。ハロプロコンだの握手会だのはあったのですが、最近Berryz工房ばかりな私にとっては一体どういうものを見せてくれるのか期待しつつ会場へ。

フェスティバルホールといえばいつもはクラッシック等どちらかといえばお上品なコンサートが多い印象があるのですが、その会場が今日に限ってはモーヲタが大挙して訪れているので異様な状態。これを嫌ってあまりこの会場は使わせてもらえないのかなと思うのですが、こんな状態ではこの先も厳しそうです。

最初はグッズ購入という事で、隣接するリサイタルホールのロビーに。限られたスペースで詰め込まれてるので湿度が高くて大変。なのでどれを購入するか確認しつつ、ヲタの会話に耳を傾けて。娘。のグッズで追っかけでそこまで頑張れるか…と感慨に耽りつつ、ハロプロヲタと言ってもいろいろいるんだなぁと。私は娘。もいいけどBerryzもいいのでやはりDD上等で。グッズは例のごとくDVD・写真セット・クリアファイル・そして紺野と久住のバリバリ煎餅を購入。煎餅が意外と大判でビックリ。

座席は後ろのほうだったのですが、まぁ一階なので問題なし。空席なしだったのは娘。だからかな。開演前のアナウンスで、吉澤が足を負傷しているので十分なパフォーマンスが出来ないと言う告知が。そうかついにフットサルで…と思いつつ開始。

01. オープニング

久住がいろいろ逃げ回って教室に到着。そして会場全体で「いらっしゃ〜い!」と。

02. 色っぽいじれったい

握手会でさんざん聞いたのでおなじみ。一人ステージ隅でその場で出来る精一杯のダンスをしている吉澤がすごく寂しげ。ついつい視線もそちらに向かってしまいます。

MC

皆さんにお知らせが〜という前フリで、吉澤から武道館で張り切りすぎた為に膝を痛めてしまったとののコメントが。フットサルで徐々に痛めて、武道館でとどめという事になってしまった模様です。

03. LOVEマシーン

いきなり懐かしい曲で。

04. ラヴ&ピィ〜ス! HEROがやって来たっ。

前回もやってましたけど、これは拳を振り上げてもりあがりますな。

MC

順に自己紹介していくという以前の流れで。例のごとく紺野は食べ物ネタ。そしてうさちゃんピ〜スでミラクル。

05. 恋は発想 Do The Hustle!

新曲という事で紹介。シングルがどうこうというのはやはり未定なのかも。歌的には人数を生かしてそれぞれセリフを歌パートで歌っていくという感じ。歌詞も正直よく分からなかったですし、初聞きだったので感想は微妙。良くも悪くも普通でしょうか。

06. ザ☆ピ〜ス!

途中の台詞は道重だったかな?

07. 恋愛レボリューション21

「れいな〜」「まこと〜」の部分は変更なし。

08. 恋の始発列車 / 吉澤・高橋・小川・藤本・亀井・田中

また懐かしい曲を。今のメンバーでこういうのを歌うと新鮮ですな。途中で客席とステージで交互に歌う箇所があり、会場全体の一体感が高まって。

MC

紺野先生が新入生の久住を紹介する教室風寸劇。微妙な質問が飛び交ってました。やはり藤本は怖い模様。

09. バイセコー大成功! / 新垣・道重・久住

こんな所でプッチモニ。しかもこの選曲はどういう事やら。コミカルで良かったですけどね。

10. ラストキッス / 高橋・亀井・田中

次はタンポポ。しかもしかも初期3人時での名曲です。同じく3人でパート割も同様にきちんと歌い上げてました。高橋はこういうちょっと悲しげな曲が似合いますな。

11. 男友達 / 吉澤・亀井・道重・田中・久住

暗転した会場でスタンドマイクが準備されたと思ったら、これは数年前に安倍 & 5期4人で歌っていた奴の再来ではありませんか。あの時の伝承具合と、それから今を思って感慨深いものが。

12. そっと口づけて ギュッと抱きしめて / 藤本

今回も持ち歌でソロ。やはり藤本ソロの盛り上がりは独特ですな。

13. 涙が止まらない放課後 / 紺野

いろいろな組み合わせがあったけど、どれにも紺野が入っていないなぁと思っていたらここで。しかもソロとは驚きです。まぁこの曲は紺野の曲ですし、きちんと歌いきってました。

14. Memory青春の光

徐々にメンバーが出てきてこの曲。

15. シャボン玉

途中のセリフは亀井。

MC

それぞれのソロも良かった。

16. 初めてのロックコンサート / 小川・高橋・紺野・新垣

小川がまだ見せ場がないという前フリからこの曲。途中のセリフはもちろんなのですが、5期だけで歌うってのも良いですな。

17. パパに似ている彼 / 吉澤・藤本・新垣・亀井・道重・田中・久住

そしてまた懐かしい曲。吉澤が様子を見つつ踊りに加わってきました。

18. AS FOR ONE DAY

ここも最初の石川パートは亀井。

19. Mr.Moonlight〜愛のビッグバンド〜

一人男パートな吉澤が結構頑張ってました。

20. 直感〜時として恋は〜

まったくそのとおり。

MC/5期→それ以外メンという感じで交代に。

バリバリでうさちゃんピ〜ス。

21. 女子かしまし物語2

かしましは久しぶり〜と思っていたら2。それに久住が加わってました。

22. THEマンパワー!!

これもそれなりにフリやらコールやらが固まってきた模様。

23. ここにいるぜぇ!

それでは一緒に跳びますよ…って会場全体が揺れる揺れる。

アンコール

普通に。

24. ふるさと

故郷を思って歌いますという事で。久住があの自宅での最終オーディションそのままで。

MC

ここも同じように順番にコメント。久住はよくできました。

25. Go Girl 〜恋のヴィクトリー〜

最後もげしげし盛り上がって終了。前回みたいな旗は無しで正解です。

前回がアルバム中心だったのでどうもなぁという感じだったのですが、今回はシングルから懐かしの名曲まで取り混ぜていい感じ。人数も経験もそれなりに積んでますから、きちんと自分のものにして披露してますし、矢口が抜けて久住が加入した“モーニング娘。”としての力量をきちんと発揮してくれた印象。矢口の突然の脱退からどうなるんだろうと思ってましたが、ある意味メンバーそれぞれの意識に変化があったのか、いい方向に作用してくれた感じです。

久住はまだこれからという印象ではありますが、それでも何とかしようという気持ちは感じられましたし、まだまだミラクルを見せてくれそうですし、今後がますます楽しみになってきました。