Hello! Project 2005 夏の歌謡ショー -’05セレクション!コレクション- in 大阪城ホール

今日は待望の夏のハロプロコン。今回は大阪からという事で、初日でセットリストも不明。まぁ私が見たのは夜公演で、昼公演の後でセットリストは出回っていたのですが、ネタバレは嫌なので見ずに。

同行者は諸他の事情により今日は朝帰りだったらしく、最初はしんどいからパスとか巫山戯た事を言っていたのですが、当然召還して。チケットあるのに当日ドタキャンは勘弁です。

昼公演中にグッズ売り場で買い物。今回も例によってDVDパンフレットとビジュアルブック、そして写真を全員分…と買ったら福沢諭吉一枚になって。何気にカウンターの奥を眺めると、段ボール箱の中に積み上がった福沢諭吉の量にクラクラしたり。ヲタから搾取したこのお金が次の活動に繋がっている訳ですな。

同行者を待ってから、会場へ。アリーナ中央かなと思いきや、それなりに後ろの方。ステージは両翼がのびているパターンで、どちらにしても位置的には中途半端。まぁ横浜アリーナのスタンド席を考えればまだ近い方だと互いに慰め合ったり。

私の隣は何やら親子連れ二人。女の子は椅子の上に立って何とか見えている様子でしたが、母親がずっと座っていたので隣のこちらとしてはちと気になったり。でも思い切るところは思い切って。


01.Hello!のテーマ / 全員

最初に全員が何やらサングラスらしきものをかけてそれぞれ登場。
ちょうど近くに辻がきたので、そちらばっかり向いてたり。
曲の終わりでそれぞれサングラスをはずして衣装に収って。
客席に投げたら面白かったのに。

02.恋のテレフォン GOAL / 全員

この時も同じく辻の方ばっかり向いて。
やっぱりこれだけ人数多いと目移りします。
とりあえず、様子を見つつ時々飛んでみたり。

03.THE マンパワー!!! / 全員

これはノリにくいですな。拳を突き上げるだけ。
なので、双眼鏡でステージ上の久住を延々見ていたり。
ほぼセンターに位置していて、振りもそれなりに出来ている様子。

MC(矢口謝罪&司会専念宣言)

心機一転して司会として参加…って分かっているけど悲しいですな。
梨沙子が欠席と知って「金返せ~」とか叫んでしまったり。

04.21時までのシンデレラ / Berryz工房

ラジオで聴いていて、ダンスはどうなのかな…と思っていたけど微妙。
まぁこういう曲で一旦お茶を濁すのもよいかと。
一人少ない分歌パートが微妙だったかも。

05.ひとりじめ / 美勇伝

こちらも新曲。何気にサイリウムと色が合っていたので振りまくり。
悪くはないけど印象が薄い曲だったり。

06.夢ならば / 安倍なつみ (バックダンサー:Berryz工房の夏焼以外7人)

今日のなっち。
雅がいなかったので「また雅だけソロで歌うのか?」と妙に期待していて。

07.オンナ、哀しい、オトナ / セクシーオトナジャン

…と思いきや、そういえばこれがありましたな。
肝心の雅は、歌い出しでとちって擦れた歌声になってしまったり。

08.SEXY NIGHT ~忘れられない彼~ / 松浦・加護・斉藤・紺野・岡田

ここから今年のシャッフルを繋げるのかと思いきや、ROMANSの曲。
個人的には紺野のパートが多かったのでうれしかったのですが、同行者的には
あいぼんがバックダンサーだったのが不満だった様子。

MC(中澤・飯田・石村)

ここで矢口いじりが炸裂。まぁ触れないよりは、敢えてネタにするというのはありかと。
舞波が表情豊かになってます。

09.スッペシャル ジェネレ~ション / 亀井・久住・矢島・みうな・梅田・アヤカ・萩原・三好

ここでBerryzの曲かぁ~と思いつつ、久住の始めてのソロパートが娘。の曲で無い事に
それとなく違和感を感じたり。
まぁそれとこれとは別に、会場も私もかなり盛り上がりましたが。

10.人知れず 胸を奏でる 夜の秋(左サブ→メイン) / プリプリピンク

これはちと遠くで。
面子はネタっぽいけど、楽曲的には今年のシャッフルの中で一番良いと思います。

11.愛の意味を教えて! / W (バックダンサー:萩原・岡井・鈴木・中島)

振りはともかく、コールが微妙に少なかったのが残念。
だから単独ツアーをすればいいと思うのですが。

12.スッピンと涙。(右サブ) / 後藤真希

これは近かったので、さらに双眼鏡でじっくり。
へそピアスって前からしてましたっけ?

13.抱いてよ!PLEASE GO ON / 後藤真希 (バックダンサー:梅田・矢島・夏焼・村上)

これは当然盛り上がって。
バックダンサーの面々もかなり激しく踊ってました。

14.カッチョイイゼ!JAPAN / 辻・道重・新垣・大谷・吉澤・村田・あさみ・あとキッズから何人か (まことがドラムを担当)

なにやらステージ上にせり出してきて、ドラム?…ドラムといえば?という事で、
今回一番のサプライズだったかと。他の面子も新鮮でしたから。

15.This is 運命 / メロン記念日 後半は全員

ここでメロンかぁ…と思っていたら、ステージ上でも歌っていて、最後には全員が。
盛り上げる曲としては良い選曲かと。

MC(岡井・萩原)

まことが自画自賛。
岡井と萩原にカンペ通りのコメントを言わせたり。

16.悔し涙ぽろり / 小川・前田

ゆきどんは兎も角、麻琴はびっくり。
さすがに中澤コンの参戦者は少ないのか、コールは少なめ。

17.印象派 ルノアールのように(右サブ) / エレジーズ

こちらは近く。なので敢えて双眼鏡でじっくり。
れいなばっかり見ていたかも。

18.ずっと好きでいいですか(左サブ→メイン) / 松浦亜弥

すぐにメインステージに戻っていったのがちと残念。
もう少しサブステージで粘って欲しかったかな。

19.ね~え? / 松浦亜弥 (バックダンサー:℃-ute)

こちらは当然飛んで。
「あややが好きだからよ」のコールが少なかったのは気のせいかな?

20.LOVEマシーン / 中澤・飯田・安倍・保田・後藤・石川・辻・加護
(※辻→矢口 加護→石黒 石川→市井 のパートを担当)

これはモー娘。卒業メンバーな組み合わせ。
もうこれだけいる訳ですが、一般人的にはこちらのほうが馴染みがありそう。
ある意味、禁断の組み合わせかと。

MC(中澤・飯田・安倍・保田・後藤・石川・辻・加護)

卒業メンバーが現在のモー娘。を紹介する流れに。

21.色っぽい じれったい / モーニング娘。

久住加入後、初の新曲。ラテン調であるのは分かっていたのですが、今回初めて聴く曲
だったので、今回はあえて双眼鏡で久住と紺野を重点的にチェック。

久住は歌もダンスもそつなくこなしていた印象。でもダンスは先輩たちとテンポがずれていたり、
キレというか思い切りが無かったですな。それは今後の課題かな?

22.真夏の光線 / モーニング娘。

夏と言えばという事で、この懐かしい曲。

23.ハッピーサマーウェディング / モーニング娘。(セリフ:吉澤)

これも夏繋がりなのかな?

24.大阪恋の歌 / モーニング娘。

こちらも合わせるのにはちと厳しい曲。
なので双眼鏡できっちり堪能。

25.Magic of Love / 中澤・安倍・保田・後藤・前田・メロン記念日・稲葉・松浦・飯田・アヤカ

聴いた事あるんだけどなぁ~と思っていたら、太陽とシスコムーンですか。
面子的に歌はバッチリでした。

26.やる気!IT’S EASY / 上記メン以外全員

近くに熊さんと舞波が。
なので双眼鏡できっちり状態確認。

27.Go Girl~恋のヴィクトリー~ / 全員

これは盛り上がるしかないでしょう。

MC(全員紹介)

例によって全員紹介。
よっし~が、「司会は矢口真里とまことさんでした~」と言った所で、
「呼び捨てや!」と叫んでみたり。

28.ALL FOR ONE & ONE FOR ALL! / 全員

まぁこの曲で終わることは分かっていたので。
お決まりのアンコール無しでこれで終わらせたのは賢明かと。
最後にあいぼんや紺野が近くに来てくれたので、がっついてみたり。

てな感じであっという間の2時間。前回みたいに組み合わせの妙を楽しむだけじゃなくて、それぞれの新曲もちゃんと歌って、盛り上げる曲ではきちんと盛り上げて…てな感じでしたので、セットリストとしては悪くなかったと思います。一番のサプライズがまことのドラムだったのは微妙ですが。

ですが、同じく司会をしていた矢口が結局司会だけだったのが残念。モー娘。卒業メンバーに加わる事も無く、全員で歌うときにも加わる事も無く司会に専念していましたから。「最近ではバラエティ番組でも大活躍な…」的紹介もいいのですが、対外的には兎も角としても、このハロプロコンぐらい歌ってもいいと思うのですが、それをやらない大人の事情もあるんでしょう。

前回はお披露目のみ、楽曲参加としては今日が初めてだった娘。新メンバーの久住小春ですが、それなりに見せ場も多かったし、約二ヶ月という付け焼き刃なりに頑張っていたかと。個人的には前回の握手会ではそれほど感じられなかった“ミラクルエース”ぶりを注目していたのですが、片鱗は見せてくれたかな?…という感じ。個性が出てきた時に、どう化けてくれるのかが楽しみになってきました。

下も育ってきたし(その分上がつかえてきたのですが)、まだまだ行けそうかな?

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告