多過ぎっていう事か

 昨日、いつもの通りInternetExplorer5.01でもってインターネットをさまよっていると、おかしな事に気づきました。普通、マウスカーソルを画像に合わせて、マウスの右クリックメニューから「プロパティ(P」を選ぶと、普段なら画像のデータサイズが表示されるのですが、何故か「-1 バイト」としか表示されないんです。ここだけかなと思って色々チェックしてみたのですが、何故か全く駄目。まぁ見る分には支障はないので、とりあえずそのまま使っていました。

 その後、いろいろ更新作業をしていて、ちょっと他のサイトのソースを見るために、同じく右クリックメニューから「ソースの表示(V」を選ぶと…あ、あれれ?。何故か全く反応しません。いつもならメモ帳が開いてソースが表示されるのですが。マウスカーソルが砂時計に変化することもなくて、動いていないようです。仕方なくツールバーに「編集」のアイコンを追加してそこから表示させようとすると、何とアイコンの表示はされてるんだけど無効グレーでボタンとして押せない)になっています。これはますます怪しいという事で一度再起動をしてみることにしました。

 リソース不足等が原因なら、これで直るはずなのですが、今回はこれでも駄目。そこで、IE関連のトラブルでお馴染みの、インターネット一時ファイルの削除を実行してみることにしました。これはいつも時間がかかるのですが、今回はなかなか終わりません。15分近くかかってようやく終了。んで、早速チェックしてみると、「プロパティ(P」、「ソースの表示(V」、両方ともちゃんと動きました。これでばっちりですね。

 とりあえず対応は出来たんだけど、原因は何なんだろうと思い色々調べていると、インターネット一時ファイルの容量を見てびっくり。何と900MBにもなっています。まぁ、HD自体にはまだまだ余裕があるので大丈夫なのですが、あまり大過ぎるとチェックに時間がかかりますし、おそらく管理もおかしくなっていたのではないでしょうか。まぁあまり多くしても仕方ないので、とりあえず50MBに減らしておきました。

 確か自動設定ではHDの容量の3%ぐらいになるはずなんだけど、うちは28GBのHDを使っているので3%といえどもかなり大きいですし、こういった事もありえるんでしょう。あんまり多過ぎても意味無いんだし、上限サイズぐらい決めておいてもいいと思うんだけどなぁ。