大阪物語

 ひ~、またしても月曜日です。29日です、3月も後2日です…困りましたね。

 で、今日は昨日書いたとおり、映画を見に行きました。あらかじめ金券ショップでチケットを安く買った後、そのまま映画館へ。初回だったので、思ったより人が多くてすでに行列が出来ていました。年齢層も幅広くて、そういう映画かのかな…とか思ったり。目当ての俳優が私と違うのは確かですけど(^^;。ここは96席しかない小さな劇場なので、さすがに立ち見もでていました。結構シートが良くて、僕は好きなんですけどね。

 さて、映画本編ではとにかく主人公の霜月若菜を演じている池脇千鶴のアップが多い多い(^^;。そもそも彼女をキャスティングして作られた映画なので当たり前と言えばそうなのですが。前半は淡々と進み、映画の中での漫才シーンでは、映画の中、そしてこの映画館の客席でも同じように笑いが起こって、「ああ、これが吉本のノリなのか…」なんて感心したり。後半はロードムービー見たくなるのですが、ちょっと展開が早過ぎるかな?。個人的にはもうちょっと各人の話を掘り下げていって欲しかったところです。で、最後はなかなかいい感じで。元々主人公が結構しっかり者なので、彼女の成長…と言われても、まぁこの経験をふまえてって事なのかな。舞台はこの大阪なので、かなり見知っている風景がでてきました。映画館を出ても、見えるのは映画で見た風景ってのはなかなか変な感じですね。どこか若菜とすれ違ってもおかしくないような…。

 …と言う訳で、テアトル梅田で大阪物語を見てきました。思ったよりもちゃんとした映画(失礼(^^;)だったので、結構良かったです。感動の嵐…とは言いませんけど、ついパンフレットも買ってしまいましたし。それにしても、やっぱり池脇千鶴はいいなぁ(^^;。リハウスのCMもいいし。やっぱり関西弁は関西の人間が喋らないと。自然な感じがしないです

 その後は、またもや資金調達をしてから、例によって喫茶店でASCII DOS/V ISSUEDOS/V Magazineを読んだりこれを書いたり。明日は燃えないゴミの日なので、まとめて出さなくては。動くにしてもこれだけ荷物があると身動き取れないので、なるべく整理したいところです。

 あ、HEY!HEY!HEY!安室奈美恵も復帰してますね。ちょっと痩せたかな…と言う気もしますけど。さすがのダウンタウンも気を使ってますけど、逆に本人は辛いだろうなぁ。うむ、よかったよかった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告