服装不問

 昨日はなかなか寝付けなくて、夜中に起きてプロレスシティハンターを見たりしたので眠たくて大変。それでも早く起きないと「起きるのが遅いのは怠けている証拠」という論理を上段で振りかざしてくるので、形だけでも起床ゴミ捨てに行って内職の成果を発送して、電話かけてまた内職。インターネット上でも内職をして、それから一旦停止(^^;。

 昼飯を食べてから、このままだと活動に支障が出るので昼寝。それから内職セミナーへ。服装不問と書かれていたのをいい事に普段着で出かけてみたのですが、圧倒的に背広が多いものも、私のように普段着でくるなめた奴もいたので、私も紛れ込むことに。

 と言っても、私の行きたいような会社は1社しかなく、背広で行くほどのものでも無かったかと一安心。とりあえず話を聞いたのですが、相手が私と同じ大学学部の出身。少しだけ話が盛り上がりました。これで完璧…な訳ないですけど、せめて書類審査は通るかも…と期待したいところですが、果たしてどうなりますか。父親の勤めていた会社も参加していたのですが、当然無視。やっぱり初任給からして低いぞ(^^;。

 それから梅田に戻って時間を潰して、映画プライベート・ライアンを観ることに。予告を見た限りではあまり興味が沸かなかったのですが、結構評判がいいので観ると、これがなかなかの出来。冒頭の上陸シーンからいきなりショッキングな映像の連続で。最後の市街戦までテンションはそのままです。戦争がどんなに悲惨なものかって言うのをイヤと言うほど見せつけられて、もう十分って感じに。で、その中で人間ドラマを入れていくと…さすがスピルバーグ、上手いです。すっかりハメられてしまいました。ええ、泣きましたよ。最後の最後で耐えられなかったっす(^^;。

 予告で観たアルマゲドンも凄い映像で楽しみ。ディープ・インパクトもこんなのだと思ってたんだけどなぁ(^^;。