劇場犯罪

今日は夜連なので昼過ぎまで寝てたんですけど、起きたら例の猟奇殺人の話題をTVでやっていました。

人間のを中学校の校門にさらして、口内には謎の文章の書かれた手紙。これが推理小説なら興味を引くのですが、現実に起こった事だというのは…。警察に挑戦的なところを見ても、典型的な劇場犯罪ですね。犯行が大胆なところを見ても、犯人にとっては一種のゲームのような感覚なんでしょうか。

ま、悪人に人権は無いって事で、早く捕まって、さっさと自分の命で罪を償ってもらうしかないでしょう。と言っても、おそらく犯人に罪の意識は無いでしょうけど。

さて、ぼちぼちPSのゲームもやっていまして、RUNABOUTはとりあえずクリアしました。車がそれぞれきちんと差別化されているし、コースも面白いから、結構お勧めです。

で、今やっているのがマリーのアトリエ。CGも好みですが、ゲーム自体も面白いですね。他のRPGで思わず全アイテムを集めてしまう収集家の皆さんにはお勧めです。かなり喋りますし、ゲームのテンポも丁度いいです。結構時間はかかりそうですけどね。