「モーニング娘。」の矢口真里について

今日も夕方に仕事をへこへこと抜け出して「ポケットモーニング娘。」のページを眺めていると、最新情報の一番上に出ていたのがこの一文。

『モーニング娘。』リーダー「矢口真里」についての重要なお知らせ
…が~ん、なんてもんじゃありませんよ。めちゃビックリしました。そして全文読んでは見たのですが、果たしてその写真週刊誌の内容がどういうものなのか分からないし、それほどの内容なのかなと調べてみたら、若手俳優である小栗旬と交際していて、家も近くに引っ越して親も公認で仲良くしているという事だけ。まぁかなりのラブラブぶりではありますが、これが何故“発覚→脱退”に即繋がってしまったのかよく分かりません。

公式発表では本人の方からモーニング娘。からの脱退は元よりタレントとしての引退も含んだ意向があったが、長年の活躍もあってソロ活動をするよう引き留めて了承した、なんて事が書いてありますが、これが果たして本当なのか。なっちの時もさっさと活動自粛を決めた事務所の事ですから、今回もどういう経緯になったのかは不明ですし、そのまま鵜呑みにするほどお人好しでもありません。ただ、『こうなりました』という事のみが真実として受け取れる範囲で。

こうして急に脱退する事となった訳ですが、個人的には彼女が熱烈交際しているなんて事は大した事では無くて(むしろ祝福してあげたい)、こういう事で簡単にリーダーの座を辞して脱退してしまった、この事だけがとても悲しいですし、ガッカリです。モーニング娘。のリーダーというのは、彼女にとって恋愛が発覚したぐらいで辞める様なものだったのかと。そして発覚してすぐ「アイドルとしての自分を裏切っていた」と発言するぐらいなら、そんな事を何故やっていたのかと。厳しい言い方かもしれませんが、過ちを詫びるより逃げる方を選んだんじゃないか、そんな気がします。

モーニング娘。というアイドルグループとしての模範的な行動が求められているのなら、こういう時こそきちんと自分の恋愛とアイドルとしての活動を両立させて年下のメンバーに自分の生き方を見せるというのが“カリスマアイドルやぐっちゃん”じゃないかな~と、そう思う訳です。

とまぁいろいろと思う事を書いてしまった訳なのですが、悲しいけどこれが現実なのね…という事で、これからはモーニング娘。という殻を強烈に破壊して飛び出した一人の女性として彼女を応援します。事務所が下手に活動自粛なんてしなければ、トークも歌もそれなりにこなせますから大丈夫。とりあえずは夏のハロプロコンにはちゃんと出演して欲しいですな。

それにしても、あややは良くて矢口は駄目なんて、その差はどこからくるんでしょうな。まぁこれ以上は下手な勘ぐりになってしまうので、止めておきます。

そして、私が見に行った4/10(日)夜の大阪公演。これが結果的には「モーニング娘。」矢口真里の卒業コンサートとなったんですね。偶然とはいえ、凄い場所に居合わせたものです。

さて、夜になってから「ポケットモーニング娘。」からメールが届いていたので、今回の件かな…と思って読んでみると、

『Berryz工房の音楽配信がスタート!』

おいおいこれはなんやねん…っていうか空気読めってばさ。まぁこういう所で世代交代というのは着々と進んでいるのかなと。個人的にはやけに象徴的な事でした。