ラッキー7オーディション・その1

今日ハロモニSPで例によって合宿な最終審査の模様が放送されて、結果は「該当者なし」。
今回はエースを求めるという事でいつもより厳しく審査したという事ですが、今回は人数を指定していなかったので、また“全員合格”かそれとも結果の通り“全員不合格”かどちらかと思っていたので、それなりに驚きはしたのですが「…なるほど、そうきたか」という感じ。
今まで新メンバーは中学生ばかりだったので、それなりに年齢が上で入ってきたら面白いなぁとも思っていたのですが、キャラ的なものよりは技術的なものを求めていたって事なんでしょう。


つんく曰く「すぐにでも次のオーディションをやりたい」と言ってましたが、この結果としては現メンバー向けのメッセージも込められていると思うので、飯田が今月末で卒業する今、果たして今のメンバー、特に後輩が入ると思っていた六期がどう変わるのかが楽しみ。