初めての確定申告

 今日は確定申告に行く事にしたので、公然と家でゆっくり出来ました。昨日の夜に書類を準備していたのですが、前の会社の源泉徴収書が無いのであまり書けませんでした。

 結構混むという話だったので、朝早くから出かけることに。初めて税務署に行ったのですが、すでに沢山の人が来ていました。でも、それなりに税理士も沢山いたので待たされることもなく手続きへ。書類が足りないことを説明すると、このままでは出来ないとのこと。やはり会社に行って発行してもらうしかないようです。クビになった会社にもう一度行くのもあまり気分のいいものではありませんけど、まぁ仕方ありません。ざっと計算してもらったのですが、試算で徴収額の半分近く戻ってくるらしいですし。知らなかったんですけど、年収が300万越えると税の割合が増えちゃうんですね。おそらく一昨年は越えていたので、それであれだけ取られてたのかも。

 それから、漫画をまた売りに行くことに。今回売るのはまんだらけで買い取り不可だったものなんですけど、ある店では在庫が多いらしく、買い取り価格はなんと113円。その中途半端な数字はどこから出てきたのかは分かりませんけど、これじゃあ売っても仕方ないので止めることに。「どこでも買い取ってもらえないんですよ…」って言ったら、店員に「売る物って、結構偏るんですよ」とか「人気のある奴って、みんな売らないんですよ」とか、まるでこっちの持ってきた物が人気の無いような言いぶりにちとむかついたり。確かに、結構古いことは確かなんですけど。

 このまま持って帰るのもあれなので、その近くにある小さな古本屋に行くことに。そこは結構自分が買うときには穴場なんですけど、逆に買い取りも安いんだろうなぁと思ったら、全部買い取ってくれて、「1100円にしかならないけど…」と言う返事。“しか”じゃなくて、さっきの店の10倍ですからこちらは迷わずOK(^^;。どうやらあのおっちゃんは「買い叩く」ということを知らないのかも。これからは、あまったらあそこで買い取ってもらおうっと。

 それから家に帰っても、何だか眠たかったのでずっと寝ることに。やっぱり、いつも電車で仮眠を取ってるから何とかがんばれていることを実感。その分夜更かしをしなければ済む話なんですけどね。

 今日初めて知ったのですが、いつの間にかうちの妹にお見合い話が来ていた事が発覚。相手は母親の友人の息子で、結構頭のいい人らしいんですけど、その後、どうやらこの話は無かった事にしたとか。その理由ってのが「断ったから(母親同士の)友情にしこりが残るから」という素晴らしい理由。当人同士の問題なのに家族関係を持ち出すことはないと思うんですけど…というか、それでしょ(^^;。芸能界でも梅宮アンナがそれらしい事を言ってましたけど、最終的には自分の意志なんだし。もっともらしい理由には聞こえますけど。親同士が仲悪くなっても、それは結果であって仕方ないんだし。

 まぁ、理由はさておき、そういうになったんだなぁと実感。私もいずれはお見合いとかする事になるのかな?。現状では無理ですけど。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告