さすがと言った所?

 今日は午後から梅田に出かける事になっていたので、ちょうどいい機会だしという事で「千と千尋の神隠し」を見に行く事に。とあるページで日本で4館のみのDLP上映だという事を知って、そのうち一つが北野劇場。その画質にも興味しんしんだったので。

 初回は8:35からだったので8時過ぎにつくと、すでにほとんど満員。「前の席しかございません~」てな事を入り口で言われたので、早速行ってみると前も前、最前列の席しか残っていません。ここで見ると首が痛くなる事は解っていたのですが、今座らないと確実に立ち見になってしまうので、それは避けようと思ってさっそく着席。DLPシネマの画質を見るには、結果的に最前列というのはよかったかも。

 んで、上映開始。最初に「デジタルシネマ・始まる!」てな感じでDLPだよ~という表示がなされた後、回数をこなす為か広告や予告等一切無しで早速本編へ。DLPの画質はフイルムと実際に比較してみないとわかりませんが、確かに綺麗でした。ブレも一切ありませんし。

 客がめちゃ多かったわりに入れ替え制ではなかったので、次の回はど真ん中の席でじっくり鑑賞。事前に内容はほとんど知らなかったのですが、これはめちゃよかったです。「もののけ姫」がテーマがでかすぎて難解だった分解りやすくて、和風ファンタジーな世界感も身近に感じられたし。個人的評価は「ナウシカ」「ラピュタ」と同じぐらいかな?。女の子が主人公というあたりも「耳を澄ませば」と似ていたかと。やっぱりこういう話の方が、宮崎監督は得意そう。

 それにしても、平日の昼間だというのに客足は凄かったです。まぁ子供が中心だったってのもあるのですが、やっぱり人気は不動ですな。

 んで、その後会社の同僚と集合してカラオケへ。一緒に行くのは初めてだし、カラオケ自体も一年以上ぶりだったので無難に歌って。練習不足で最近の曲はやっぱり駄目でしたし。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告