2001年2月に読んだ本

プラネテス(1) / 幸村誠 (モーニングKC)

 地球の周辺に漂っている人工ゴミ(デブリ)の回収をしている宇宙飛行士達の奮闘ぶりを描いた漫画。作り込まれた設定もさることながら、それぞれ違った話なのにきちんとSFしているあたりただ者ではないなぁ~という印象。もちろん堅苦しい話ではなく、面白可笑しい内容です。

全くのノーチェックだったのですが、インターネットでの評判を聞いて買ってみたらこれが大当たり。個人の調べられる範囲ってやっぱり限界がありますね。

評価 : ★★★★★

ちょびっツ(1) / CLAMP (KCキャラクターブックス)

 ひさしぶりに買ってしまったCLAMPの新作。マウスパット付きの初回限定版が、一部で盛り上がっていたので、つい探してしまったという訳です。

話としては、寂しい生活を送っている男の元へ、謎の人型パソコンがやってくるという、某AIや某女神さまと同じような内容。それでも、あまりあざとさは感じないのはさすが…なのかな。やけにエロ方面に話が飛んでいきますが(^^;。あと、個人的にはちぃと言えばこちらの彼女の方なんで、ちと違和感があったりします。

評価 : ★★★★

サトラレ(1) / 佐藤マコト (モーニングKC)

 考えている事が口に出さなくても他人に「悟られ」てしまう特異体質を持った人の話。これが本人に知られるとショックでとても生きていけない…のですが、なぜか例外なく天才的能力を同時に持っているので、国家レベルでの保護が計られていて、その顛末やいかに…てなのが中心。

一話完結で、それぞれ違ったサトラレが出てくるのですが、それぞれ設定を生かして上手く作っているなぁ~という印象。その中の一つが、今回映画化される医者の話ですが。確かに、この中では一番いい話かも。

評価 : ★★★★

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告