MOの信頼性

 CD-Rを買う前はもっぱらMOにデータをため込んでいたので、今日はふと思い立って沢山溜まっているSoundVQのデータをCD-Rに焼いてみました。昔はMP3よりファイルサイズが小さくて済むと愛用していたのですが、今改めて聞くとやっぱり音悪いですね。やはりそれなりという所かな。今ならWMAもあるし。

 最初は利便性を考えて、MP3なりWMAなりにコンバートしてからにしようと思ったのですが、WINAMP用のVQF plaginがアップグレードして、昔のようにYAMAHA純正の再生ソフトからDLLファイルをコピーして…などと面倒な手順をふまずにさくっとインストールして再生できる事が分かったので、結局そのままにしておきました。

 んで、さっそくMOからデータを取りだしていたのですが、やはり途中でコピーが異常終了します。前から頻繁に起こっていて、これはMOの熱暴走か繋いでいるDC-390Fの不具合か分からないんですけど、ほんと困ったもんです。どうやら一部データが破損していたらしく、バックアップ用としては最低な結果になってました。よりによって、モンスターマシン/まにきゅあ団が壊れていたのはショック大(^^;。

 やっぱりHDも最近安くなってきたし、しばらくHDに溜めて置いて、そのうちCD-Rに焼くってのがコスト的にも一番いいかな?。サーバ立てて集中管理とか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告