これが噂の…Pentium2/266MHz(SL2W7)+ABIT BH6

Pentium2(SL2W7)

 K6-2を買ったものの、肝心の3DNow!は対応したソフトもあまりなく、期待のDirectX6も大きな変更はなされず、これならSlot1に変えた方がよかったかなと思っていた頃に、出てきたのが2次キャッシュ無しPentium2のCeleron

 2万円そこそこのこれが、クロックアップによって400MHz以上で動き、同クロックの10万円近くするPentium2と同じ性能を発揮するっていうんだから、ますますK6-2に取っては分が悪くなってきました。3DNow!は、理論的に速くても実際に体感できるのはUnrealWinAMPぐらいしかない状態ですし。

Pentium2/266MHz ちょうどそんな時に出てきたのが、左の写真にあるような新しいPentium2/266MHz300MHzです。これは、見た目は以前と変わりませんが、中身は全く別物になっています。

 と言うのは、最初のPentium2は0.35µmプロセスで作られて、コアの電圧は2.8Vでした。しかし、333MHz版からはDeschutesと呼ばれ、高クロックでも動くように0.25µmプロセスで作られていて、コアの電圧も2.0Vまで下がりました。そして、今の450MHzまでは同じプロセスで作られています。

 今でも、Pentium2/266MHz300MHzは少量作り続けているのですが、そのためだけに0.35µmプロセス用の工場を動かすのは効率がよくありません。そこで、0.25µmプロセス用の工場で、Pentium2/266MHz300MHzが作られることになり、その結果出来たのが、このような新しいPentium2/266MHz300MHzです。

 しかも、これには現在最高速のCPUであるPentium2/450MHzと同じものが使われていて、その性能に期待が集まりました。すると、期待通りにオーバークロックが出来ることがわかり、あっという間に争奪戦に。そんな中、私がようやく手に入れることが出来たのが、このPentium2/266MHz(SL2W7)です。値段は34800円でした。


 試しに、Ctp2infというソフトを使ってみることにします。これは、Pentium2の種類を調べるソフトです。

CPUIDGenuineIntel, Typ=0, Family=6, Model=5, Step=2
Processor CorePentium II, Deschutes
L1 Data Cache16 KB, 4 way associative
L1 Code Cache16 KB, 4 way associative
L2 Cache512 KB, 4 way associative
L2 Cacheable Area4096 MByte
L2 ECCpresent and enabled
Actual clock rate267.3 MHz
System clock ratedefault: 66.6 MHz, measured:66.8 MHz
Ratio (cpu/syst)4.0
ctP2info has detectedPentium II 267.3 MHz with ECC

 すると、266MHz版なのに2次キャッシュがECC付きになっていますし、Deschutesと判断されています。CPUIDが6・5・2ってのはPentium2/450MHzと同じです。また、マザーボードで自動設定されたコア電圧も2.0V。間違いなく0.25µmで作られていますね。また、クロックの倍率を変えても4倍の設定にしかなりませんから、倍率固定である点もPentium2/450MHzと同じでした。

Abit BH6

 さて、Pentium2を買ってしまったので、それに対応したSlot1のマザーボードが必要です。もちろん、外部100MHzに対応している440BXのを買うことにしました。

 そこで、どれを買おうか考えて、条件として、(1)CPUクロックマニュアルでいろいろ設定可、(2)PCIバス5本、(3)外部クロック133MHzに対応、と言うのを決めました。そうなると、これを満たしているのは、ABITのBH6、AOpenのAX6BC、SOYOのSY-6BAぐらいでした。ASUSのP2B-Eはまだ出ていませんでしたし。

 で、BH6は最近でた物なので見たことありませんでしたし、SY-6BAは、私が以前同じSOYOの5XA5という430TXなマザーボードを使っていて、BIOSを飛ばした事がある(このSY-6BAも飛びやすいという噂が…)のでパス。AX6BCFDコネクタI/Oコネクタの下にあって、ケーブルをAGPカードとPentium2をまたぐ様に配置しないといけなかったんで、そのレイアウトが気に入りません。

 で、これというのが無いんで定番だけどオーバークロックに強いASUSのP2Bにしようと思ったんですけど、これがちょっと高いんですよ。これもブランドかと思いつつ、店をぶらぶら見て回ると、まだ無いと思っていたABITのBH6を見つけてしまいました。上で書いた不満点もこれにはになかったので、結局これを買いました。

ABIT BH6 レイアウトはこのような感じ。以前のBX6と比べてコンパクトになっていますし、PCIバス1本増えています。その分、DIMMスロット1つ減っているのですが、それは特に問題にはなりません。また、あらたにSB-Linkも追加されています。440BXには、小さいながらヒートシンクが付いています。

 ベースクロックは自動で設定できますし、手動の場合ベースクロックは66.75.83.100.112.124.133MHz、倍率も5.5倍まで設定できます。また、AGPのクロックをCPUに同期させるか、2/3にするかも設定できます。そして、440BXのマザーボードでこのBH6BX6にしかないのが、Pentium2のコア電圧を設定できる点です、1.3~2.3Vですけど、オーバークロックする時にもちょっといじりがいがあります。

 また、このABITのマザーボードの特徴として、ジャンパーピンでの設定が殆ど必要ないという点があります。このBH6でも同じで、あるのはCMOSの内容について変更可/不可の1つだけで、これも通常触る必要が無いものです。上に書いたCPU関連の設定も、CPU SOFT MENU 2と呼ばれるもので、BIOSの設定画面ですべて変更できますから。あの、コードの中に手を突っ込んで、小さなスイッチやジャンパピンをいじる必要が無いってのは、思っている以上に便利でした。

ベンチマーク(2D)

 さて、この2つを使ってオーバークロックに挑戦です。電圧を全くいじらない状態で、112*4448MHzまですんなり上がりました。ちょっと不安定になりやすい気もしますけど、ノーマルでここまで行ったら立派なもんです。

 で、以前の状態と比較してみることにします。まずはHDBench Ver2.65。条件は殆ど同じで、1024*768*16bitDirectX6G200での結果は次のようになりました。

HDBench Ver2.65

浮動小数点整数演算短形テキストスクロールDirectDrawREADWRITEMemoryALL
K6-2/300186682323139581221519778292449934295601141715662
Pentium2/266214691708347071334819801292549917594831387516294
Pentium2/448361662872747038556119774293149929396032337519887

 これを見ると、CPUの特性はよく判ります。整数演算の強いK6-2と、浮動小数点の強いPentium2が。また、2D表示では、短形と円で、クロック的には遅いはずのPentium2/266の方がK6-2/300の方が速いですね。他の部門では大差はありません。殆ど結果の変わらないのは、ビデオカードの性能自体が頭打ちになっているのかも知れませんね。

ベンチマーク(3D)

 次は、Final Realityの場合です。これもG200を用いています。

Final Reality

 25 Pixelが異様に速くなっていますけど、他はそんなに変わりません。やはり、こういうのはPentium2が強いですね。busの転送速度が速くなっているのは、よく判りませんけど。

Final Reality

 そして、これが総合結果。2DPentium2/266がすこし落ち込んでいますけど、他はかなり伸びています。全て倍近くなっていますからね。

 次に、MotoRacer2(DEMO版)で、オフロードコースのFLYING JUMP(DAY)で、後方視点からまったくバイクを動かさずに、COM車が全て走り去ったときのfpsを計測しました。こちらでは、Voodoo2を用いています。

MotoRacer2

 途中まではCPUの性能通りの差が出ていますけど、800*600になるとそんなに差はつきませんね。これは、ビデオカード自体の性能が頭打ちになっているのだと思われます。逆に、K6-2の場合はCPUの遅さのせいで、fpsもあまり速くありません。

 とまぁ、やっぱりゲームだとPentium2は速いですね。ただ、普通のアプリケーションを使っている場合はそんなに差は出ませんから、K6-2でも十分でしょう。クロックアップで倍近く速くなるっていうんだから、全く(^^;。