さらなる速さを…Revolution 3DとK6/233MHz

 私がこのパソコンを買ったとき、ビデオカードをMillenniumからPowerWindow3DVに変更したのは、ひとえに3Dゲームがしたかったからです。PowerWindow3DVに搭載されているS3のVIRGEは当時では最高の3Dビデオチップであり、色々な機能をサポートしていました。

 しかし、実際にゲームをやってみると、まだまだ発展途上のビデオチップであり、あまり満足できる結果ではありませんでした。2Dではどのチップもほぼ横並びで、以前のように大差がつくことは無かったのですが、一つ不満がありました。それは、リフレッシュレートの問題です。

 私はいつも1280*1024*16bit(65536色)の画面でパソコンを使っているのですが、VIRGEのRAMDACは170MHz(もう少し低いかも)。ドライバの関係もあって、垂直周波数は60Hzになってしまいます。これはノンインターレス表示なのですが、フリッカーフリーになるには垂直周波数は75Hz必要です。結果、すこしちらついた画面でいつも使うことになってしまったのです。仕方ないとはいえ、これは目に悪いです。

Revolution 3D やがて1年が経ち、ビデオカードも色々と新しいのが出てきました。まずMillennium2が出てきました。2Dは相変わらず速いですし、3Dでも速くなりましたが、まだサポートしていない3DAPIがあったりします。また、GA-P28/PCIも発表されました。これはPREMEDIA2を搭載していて3Dは速そうです。8MBのメモリを搭載していながら4万円前後という低価格も魅力でした。そして、Revolution 3Dも、Millenniumより速いという2D機能と、128bitで処理される高速な3D機能が特徴のハイエンドカードです。他にもXPERT@PLAYViperV330なども発表されていましたが、まだ情報がなくて分かりませんでした。

 そうこうしているうちに、Revolution 3Dがついに発売され、こんな感じ4MB版を購入。確かに3Dは速くなりましたし、2Dでも垂直周波数を85Hzに出来たのですが、そんなに変わらず。ビデオカードの性能を見る限りではもっと速くなっても良さそうなのですが、体感速度は殆ど変わりません。とくに3Dが。4KBのテクスチャキャッシュを内蔵していたり、650MFlopsのセットアップエンジンを搭載していたりと、スペック上は速そうなんですけどね。


K6/233MHz そこで思いついたのが、K6の存在です。この頃はちょうど値も適度にさがっていてお買い得でしたし、200MHz以上で動くCPUの中では唯一、コアの電圧が3.2Vで動くのも魅力でした。当時のマザーボードP/I-X55T2P4だと3.3V以下には設定できないので。0.1Vでも電圧が違うのは怖かったですけど、同じように動かしている人のホームページを発見して一安心。

 コストパフォーマンス的には200MHz版がいいのですが、前述の理由もあって233MHz版をこんな感じで購入。噂通り発熱は大きいですけど、きちんと動きました。その頃は電圧をいじったりマザーボードを操作してオーバークロックするという考えは無かったので、動いただけで御の字です。

 使った感じでは、思った以上に高速になりました。CPU内部のキャッシュが4倍になったのも大きいのでしょうけど、きびきび動いてくれます。3Dも目に見えて高速化しましたし、これなら買った甲斐があったと言うものです。


 さて、ベンチマークの結果です。すべて1280*1024*16bit(D16)での結果です。まずはWintach。

wintach

Wintach1.2WordProcessingCAD/DrawSpreadsheetPaintOverall
P5-200+PowerWindow3DV  60.581276.92224.04440.66500.56
P5-200+Revolution 3D(1.27)69.63618.32446.46430.76391.26
P5-200+Revolution 3D(1.29)77.651151.31446.46466.94535.59
K6-233+Revolution 3D(1.29)84.991546.06474.11516.77655.48

 WordProcessingは順当に上がっていますし、PaintはK6に変えると上がっています。SpredsheetはRevolution 3Dが速いようですね。

 問題は、CAD/Drawです。Revolution 3Dの正式版のドライバではPowerWindow3DVの半分の値しか出ていませんし、1.29βのドライバでもまだ負けています。K6に変えてようやく上回りました。この辺りはさすがカノープスでしょう。

 次はHDBENCHです。

HDBENCH

HDBENCH2.292TextScrollDDReadWriteCacheALL
P5-200+PowerWindow3DV11290125011253877551672357541484364114277303
P5-200+Revolution 3D(1.27)11292124981653228373749938435253704107517220
P5-200+Revolution 3D(1.29)11293125001659754193740938437354000111727616
K6-233+Revolution 3D(1.29)13553164441686762694208938435283495240959839

 こちらも、上のWintachと同じ様な感じになっていますね。短形TEXTの増え具合がWintachのspreadsheetと同じように推移しています。の結果がWintachのCAD/Drawと同じような結果になっていますが、こちらでは最初の設定が最速というとんでもない結果に。PowerWindow3DVのドライバがいいのか、Revolution 3Dのドライバが悪いのか…。

 K6に変えるとやはり速くなっていますが、その中でもCacheが倍以上に上がっています。CPU内部のキャッシュの増加によるものでしょうね。

 (問題の3Dでのベンチマーク結果がありませんが、これはPWR128P/4VCのと一緒に掲載したいと思います)

(1997/9/12)