RIVA128の限界

 昨日買ってきたASCII DOS/V ISSUEのCD-ROMにULTIM@TE RACE PROの体験版がついています。前作はPowerVR専用ソフトで、思わずこのボードを買ってしまいそうな美しいグラフィックを見せるレースゲームでした。で、続編のこれはDirect3Dにも対応したので、うちのマシンでも動かすことが出来ました。

 で、早速インストールして動かしてみたのですが、確かに画面は綺麗です。しかし、車を沢山表示させると処理落ちがかなり発生します。1台だけで走らせていると快適なんですけどね。また、何故かポリゴンのつなぎ目がよく見えます。白い線が画面の至る所に入るので、見た目も汚く見えてしまいます。画面の奥の方に発生しているので、処理が追いついていないのかもしれませんが、それにしても不思議です。体験版だからかな?。それともRIVA128のせい?。

 製品版を買おうかどうか迷っていたのですけど、買ってみようかな?。この不具合さえなければ迷わず買うんですけど…。