やっぱり容量不足だったのかな?

 最近PCを立ち上げる時にいつも見ているのが、スイッチングHubのランプ。PCの電源が入るとNICももちろん動作して、それと繋がっているコネクタの部分に動作状態を示すランプが点くんだけど、最近それが点かない場合が多いんです。最初はまず点かないですね。

 その場合は、どうやらNICが動いていないらしく、PCの起動がめちゃくちゃ遅くなります。延々時間がかかるのでいつも途中で強制的に電源を落としているのだけど、多分10倍近く遅くなっているだろうと思います。

 数回電源を入れ直している内にランプも点いて正常に使えるようになるんだけど、何だか気分的に良くなくて。電源を入れ直している内に直ると言うことは、つまり電源に問題が有るというわけです。使っているのはSeventeamのST-250HRで、さすがにこれだけ増設していると厳しいのかな~とは前から思っていたんです。あと、最近スタンバイ状態から復帰出来ない事が時々あったので、それも電源を疑ってはいました。

EG351P-VE そこで、今日はATX電源を買いに日本橋へ。久しぶりに行きました。ところが、今日は運の悪いことに、ソフトアイランドPCワンズTWO-TOPと軒並み休み。まぁそれでも開いているところは沢山あったので、それらを重点的にチェック。そして、事前の下調べと合わせてソフマップで購入したのが、このENERMAXのEG351P-VE。まぁそこそこの値段はしたんですけど、安定のためにはやむを得ないかな…なんて。

 んで、早速交換コネクタが多いんで組み立て安かったです。早速電源を入れると、一発でHubのランプが点きました。まぁ交換したからってハッキリと分かる違いはないんですけど、精神的にはよくなったかも。ちょっとファンの音が五月蝿くなったかもしれないけど。